ここから本文です

「心機一転」オナイウの2ゴールで大分が札幌に逆転勝利!

7/13(土) 21:32配信

ゲキサカ

[7.13 J1第19節 大分2-1札幌 昭和電ド]

 J1第19節が13日に開催され、5位大分トリニータはホームで6位北海道コンサドーレ札幌を2-1で退けた。前半20分にオウンゴールで先制を許したが、同23分と後半30分にFWオナイウ阿道が得点を挙げて逆転に成功。2試合ぶりに勝ち点3を獲得した。

 本拠地での前回対戦を1-2で落としている札幌は前半20分に先制。PA内左で仕掛けたMF白井康介が右足でシュートを放つと、右ポストを叩いたボールがGK高木駿に当たってゴールへ転がり込む。記録はオウンゴールとなった。

 不運な失点を喫した大分だったが、その3分後に同点弾を奪取。左サイドのDF三竿雄斗がクロスを送り、PA内中央で高いジャンプを見せたオナイウがヘディングでゴール右隅に押し込んだ。

 3試合ぶりに得点を挙げたオナイウは後半30分にもゴール。FW小塚和季が高い位置でボールを奪い、PA手前中央のオナイウにヒールで落とすと、受けたオナイウは狙い澄まして右足を振り抜く。強烈な弾道のシュートがゴール左隅をとらえ、今季8得点目をマークした。

 札幌はリードを守れず、前回対戦に続いて1-2での敗戦。2試合ぶりの黒星で3戦未勝利(1分2敗)となり、暫定7位に順位を下げた。

 オナイウは娘の誕生を自ら祝う2ゴールを挙げ、逆転勝利に大きく貢献。試合後のフラッシュインタビューで「今週、娘が生まれて心機一転というか、その最初の試合で得点することができて、それが勝利につながってとても嬉しいです」と喜びを語った。

最終更新:7/13(土) 21:32
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事