ここから本文です

デヘントが圧巻の完全逃げ切り アラフィリップは「予定通り」のアタックでマイヨジョーヌ奪還

7/14(日) 6:00配信

Cyclist

 ツール・ド・フランス2019第8ステージが現地時間7月13日に行われ、スタートアタックからレースをリードし続けたトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)が大逃げを遂行。最後の15kmは独走に持ち込んで、鮮やかにステージ優勝を決めた。マイヨジョーヌ争いにも大きな変化。個人総合2位でスタートしたジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)がこの日最後のカテゴリー山岳でアタックを決め、メイン集団に対し20秒差をつけてフィニッシュ。ボーナスタイムも加えて、マイヨジョーヌを3ステージぶりに奪還した。

【特集インデックス】ツール・ド・フランス2019
獲得標高3800mを超える中央山塊初日
 この日から、今大会では2つ目の山岳地帯である中央山塊へと入っていく。ブルゴーニュワインの生産地としても知られるマコンを出発し、フランス中南東部の主要都市サン=テティエンヌにフィニッシュする 200kmに、2級と3級のカテゴリー山岳が7カ所詰め込まれた。平坦基調はスタートからの約35kmのみ。33km地点に中間スプリントポイントが設けられると、いよいよ連続するアップダウンの中へ突入していく。
 カテゴリー山岳7カ所の内訳は、2級コル・ド・ラ・クロワ・モンタン(51km地点、登坂距離6.1km、平均勾配7%)、2級コル・ド・ラ・クロワ・ド・テル(71km地点、登坂距離4.1km、平均勾配8.1%)、2級コル・ド・ラ・クロワ・パケ(84.5km地点、登坂距離2.1km、平均勾配9.7%)、3級コート・ダフウ(97km地点、登坂距離8.5km、平均勾配4.5%)、2級コート・ド・ラ・クロワ・デ・パル(133km地点、登坂距離4.9km、平均勾配7.9%)、2級コート・ダヴェーズ(148.5km地点、登坂距離5.2km、平均勾配6.4%)、3級コート・ド・ラ・ジャイレール(187.5km地点、登坂距離1.9km、平均勾配7.6%)。

 獲得標高にして3800mを超える1日は、コースレイアウトから見れば逃げやパンチャー有利といえるが、フィニッシュ前12.5km地点に頂上があるコート・ド・ラ・ジャイレールが勝負どころとなりそう。ボーナスポイントも用意され(1位通過から順に8秒、5秒、2秒のボーナスタイム付与)、総合争いに関係する動きが起こっても不思議ではない。
 実際に、個人総合首位・マイヨジョーヌでスタートするジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)はジャージキープに意欲を示し、登坂力のあるチームメート、トムス・スクインシュ(ラトビア)も筆者の問いに「ジュリオのマイヨジョーヌを守ることが最重要。そして明日につなげたい」とアシストとして力を注ぐ構え。かたや、総合タイム6秒差で2位につけるジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)も奪還を目指すと公言。こうした動きに総合系ライダーも便乗して本格的な総合争いとなることさえ想定できるコース。あらゆる展開が考えられる1日がやってきた。
デヘントのファーストアタックから4人の逃げグループ形成
 この日は、前日のステージで落車したティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、EFエデュケーションファースト)が手指骨折のため未出走。今大会3人目の離脱者となった。

 173人がマコンの街を出発し、しばしのニュートラル走行を経てアクチュアルスタートが切られた。ファーストアタックはデヘント。これに呼応するかのようにニキ・テルプストラ(オランダ、トタル ディレクトエネルジー)とベンジャミン・キング(アメリカ、ディメンションデータ)が続き、しばらくしてアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、CCCチーム)が合流。4人が逃げグループを形成した。
 逃げを容認し、レースの構築を始めたメイン集団は、リーダーチームのトレック・セガフレードがコントロール。約5分まで先頭4人のリードを許したのち、ペーシングを本格化させた。この間、中間スプリントポイントを迎え、ミケル・モルコフ(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)からの発射でエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)が集団トップとなる全体5位通過。以下、ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)、マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ)と続く。なお、1位通過はテルプストラだった。
 カテゴリー山岳への上りが始まると、チームメートのティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)の山岳賞を守るべく、デヘントが繰り返しの1位通過。ともに逃げる3選手はいずれも争う姿勢は見せず、やがてデヘントの山岳ポイント荒稼ぎのムードとなる。

 メイン集団では、3カ所目のカテゴリー山岳である2級コル・ド・ラ・クロワ・パケで、前日ステージ優勝のディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)や同2位のカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)らがスプリンターや平地系ライダーがポジションを下げ、完走狙いに切り替える様子が見られ始める。この間の集団コントロールはボーラ・ハンスグローエやチーム サンウェブが担い、先頭グループとのタイム差を3分程度にまで調整していった。
 先頭グループに変化が出たのは、5つ目の山岳の2級コート・ド・ラ・クロワ・デ・パル。頂上を目前にデヘントがペースを上げると、これに付いていけたのはデマルキのみ。デヘントとデマルキの順で頂上を通過すると、2人は下りでさらに加速。途中、デマルキがライン取りを誤りオーバーランするも落車は免れ、前方で待っていたデヘントに労せず合流。2人逃げの情勢が固まっていく。次の山岳、2級コート・ダヴェーズを迎えるころにはメイン集団に対してのリードは2分台。集団ではアスタナ プロチームがコントロールを開始し、レース終盤へと入っていった。
フランス期待の2人が絶妙の協調体制でリード奪う
 先頭との差を着々と縮めていたメイン集団だったが、フィニッシュまで残り15kmになろうかというタイミングで、ゲラント・トーマス(イギリス、チーム イネオス)が落車のアクシデントに見舞われる。下りコーナーでのハプニングにチームメートもかわしきれず、同様に地面にたたきつけられたジャンニ・モスコン(イタリア)のバイクは真っ二つになった。
 そのほかのアシスト陣はすぐにトーマスのケアに入り、集団復帰を試みる。メイン集団を目前としたところでアシストを失ったトーマスは、最終的に自らの脚で前方へ。とはいえ、大きなダメージなく戦線へと戻った。

 トーマスと入れ替わるようにして集団から遅れ始めたのはヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)。完全に勢いを失い、それは個人総合争いからの完全脱落を意味するものとなった。
 こうした状況とタイミングをほぼ同じくして、先頭では3級コート・ド・ラ・ジャイレールへの上りを利用してデヘントがアタック。デマルキは対応できず、あっという間に独走態勢に。そのまま頂上を1位で通過し、下りへと入った。
 デヘントの通過から約1分差で頂上へとやってきたメイン集団にも決定的な場面が訪れた。この日注目度ナンバーワンだったアラフィリップがついにアタック。完全にタイミングを図った動きに、対応できたのはティボー・ピノ(フランス、グルパマ・エフデジ)ただ1人だった。2番手を走っていたデマルキをパスし、頂上をアラフィリップが2位、ピノが3位で通過。ボーナスタイムをそれぞれ5秒、2秒獲得した。
 マイヨジョーヌ奪還を目指すアラフィリップと、先々を見据え総合争いでアドバンテージを得たいピノ、フランス人同士の利害が完全に一致した。下りでさらに加速し、メイン集団を引き離しにかかる。集団では、ドゥクーニンク・クイックステップがエンリク・マス(スペイン)、グルパマ・エフデジがダヴィ・ゴデュ(フランス)がそれぞれ抑え役を務め、追撃の芽を摘む効果的な働きを見せる。フィニッシュまで3kmとなった時点で、先を急ぐ2人と集団との差は約15秒にまで開いていた。

 1人トップを走り続けていたデヘントは、後続の活性化によってリードが急激に減ったものの、ペースに衰えは見られず逃げ切りは濃厚に。最終コーナーを抜けるまでしっかりとしたペダリングを続けると、残り100mでようやく勝利を確信。キャリア通算15勝目、ツールでは2016年第12ステージ以来となる2勝目は、ステージ全行程で先頭を走り続ける「完全逃げ切り」となった。
 デヘントの歓喜から6秒後、アラフィリップとピノがやってきた。両者は最後の最後まで先頭交代を繰り返し、それぞれの目標に向かって突き進む。最後はアラフィリップがピノに前を譲ってフィニッシュラインを通過。ピノが2位、アラフィリップが3位となった。
 ステージ上位3人を追いきれなかったメイン集団。マイヨジョーヌのチッコーネや落車から立て直したトーマスらが自ら牽引したが、それでもピノとアラフィリップに20秒のリードを許してしまった。マシューズが集団先頭となるステージ4位、サガンが5位で続いた。

フランス革命記念日に自国へマイヨジョーヌをもたらす
 メイン集団から先着したピノはこのステージだけでボーナスタイム8秒(ボーナスポイント2秒、フィニッシュボーナス6秒)。アラフィリップは9秒(5秒、4秒)を獲得。フィニッシュでのタイム差と合わせた結果、アラフィリップがマイヨジョーヌの奪還に成功した。チッコーネと6秒差でのスタートから、逆に23秒差をつけて首位へ。また、ピノも総合系ライダーの中では実質1番手となる個人総合3位へと浮上した。

 3ステージぶりに個人総合トップに立ったアラフィリップは記者会見の席上、「計画通り。難しい一日だったが、非常に集中できていて、失うものは何もなかった。攻撃すべきポイントも理解できていた」とミッション達成を堂々アピール。ピノとの協調については、「彼にとっても、私にとっても良い状況だった。彼は私が目指しているものに協力してくれた」と感謝を伝えた。
 ここまで好調な走りを見せるピノも、このステージの結果には満足している様子。レース後に現地テレビ局の放送ブースへと上がり、「(下りで)ジュリアンがあまりに速くて、付いていくのが正直怖かった。ただ、彼をずっとマークしていて、アタックしたら対応することを前夜から決めていた。待ちに待った瞬間にやるべき仕事が果たせて本当によかった」とコメントした。
 そのほか各賞では、ポイント賞のマイヨヴェールはサガン、山岳賞のマイヨアポワはウェレンスがそれぞれキープ。マイヨジョーヌを明け渡したチッコーネだが、新人賞のマイヨブランは守っている。チーム総合ではトレック・セガフレードが1位、敢闘賞ではデヘントが文句なしの受賞となった。

 翌14日は、フランス革命記念日。サンテティエンヌからブリウドまでの170.5kmによる第9ステージが行われるが、再びフランス人ライダーの活躍なるか。引き続き中央山塊が舞台となり、前半・中盤・後半にそれぞれ1カ所ずつのカテゴリー山岳が控える。なかでも、フィニッシュ手前13kmの3級山岳コート・ド・サンジュストを越えると、あとはフィニッシュまで下り基調。頂上にはボーナスポイントも置かれ、レースの流れを左右する局面ともなりうる。今度こそ逃げやパンチャーの出番か。このステージでひと暴れをもくろむ選手は多くいるに違いない。
 何より、国を挙げてのお祝いの日に、最も期待が集まっているアラフィリップがマイヨジョーヌ、ピノが個人総合3位でスタート。大会前半のハイライトとなる熱狂の1日がやってくる。
【特集インデックス】ツール・ド・フランス2019
第8ステージ結果
1トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)5時間0分17秒
2ティボー・ピノ(フランス、グルパマ・エフデジ)+6秒
3ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
4マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ)+26秒
5ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
6マッテオ・トレンティン(イタリア、ミッチェルトン・スコット)
7クサンドロ・ムーリッセ(ベルギー、ワンティ・ゴベール)
8グレッグ・ファンアーフェルマート(ベルギー、CCCチーム)
9エガン・ベルナル(コロンビア、チーム イネオス)
10ゲラント・トーマス(イギリス、チーム イネオス)
個人総合(マイヨジョーヌ)
1ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) 34時間17分59秒
2ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)+23秒
3ティボー・ピノ(フランス、グルパマ・エフデジ)+53秒
4ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ユンボ・ヴィスマ)+1分10秒
5ゲラント・トーマス(イギリス、チーム イネオス)+1分12秒
6エガン・ベルナル(コロンビア、チーム イネオス)+1分16秒
7ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)+1分27秒
8リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト)+1分38秒
9ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ プロチーム)+1分42秒
10エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)+1分45秒
ポイント賞(マイヨヴェール)
1ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)204 pts
2マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ)144 pts
3ソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)129 pts
山岳賞(マイヨアポワ)
1ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)43 pts
2トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)37 pts
3ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)30 pts
新人賞(マイヨブラン)
1ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード) 34時間18分22秒
2エガン・ベルナル(コロンビア、チーム イネオス)+53秒
3エンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ)+1分23秒
チーム総合
1トレック・セガフレード 103時間29分48秒
2モビスター チーム+1分39秒
3グルパマ・エフデジ+1分44秒

最終更新:7/14(日) 6:00
Cyclist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事