ここから本文です

19歳の稲見萌寧は自己ベスト2位に「悔しい」

7/14(日) 18:23配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇ニッポンハムレディスクラシック 最終日(14日)◇桂ゴルフ倶楽部(北海道)◇ 6602yd(パー72)

【写真】目力すごいね

1打差3位から出た19歳の稲見萌寧が3バーディ、1ボギーの「70」でプレー。通算12アンダーで自己最高の2位タイで終えたが、「ミスもあって悔しいです。正確性をあげて頑張らないといけない」と自らに厳しい言葉を投げかけた。

前半2番で137ydから8Iで6mにつけてバーディを奪うなど2つ伸ばしたが、優勝した同組で同年代のS.ランクン(タイ)に3打及ばず、惜しくもツアー初優勝を逃した。

そんな稲見が笑顔に変わったのは、夕食の話題に移ったときだ。前日まで4日連続で北海道名物のスープカレーを堪能し、「3月で歯の矯正が取れたんです。それまでは着色して食べられませんでした。なのでカレー食べたい欲がすごいんです」と笑った。

「常に上位争い、優勝争いを目指して頑張りたい」。今季賞金を2000万円台に乗せてランキングも27位に浮上。初の賞金シード(50位以内)獲得にも期待が高まる。(北海道苫小牧市/玉木充)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事