ここから本文です

【英・ジュライC】ムーア騎乗テンソヴリンズが復活V、デットーリ騎乗アドヴァータイズが2着

7/14(日) 15:09配信

netkeiba.com

 現地時間13日、イギリスのニューマーケット競馬場で行われたG1・ジュライC(3歳上・芝直線1200m・12頭・1着賞金28万3550ポンド=約3847万円)は、前目で競馬を進めたテンソヴリンズ(牡3、R.ムーア騎手)が、1番人気アドヴァータイズ(牡3、L.デットーリ)の追撃を凌ぎ、2.3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分9秒31(良)。

 テンソヴリンズは父No Nay Never、母Seeking Solace、その父Exceed And Excelという血統。アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎の管理馬。

 2歳時は3戦3勝でミドルパークS(英G1)を制覇。3歳になってからは英2000ギニー(英G1)5着、コモンウェルスC(英G1)4着という成績だったが、3戦目の今回で今年初勝利を果たした。

 また、鞍上のR.ムーア騎手、A.オブライエン厩舎はともに、ユーエスネイビーフラッグで制した昨年に続いてのジュライC連覇となった。

最終更新:7/14(日) 15:11
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事