ここから本文です

河本結は敗戦に涙 「できることならやり直したい」痛恨の一打

7/14(日) 18:53配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ニッポンハムレディスクラシック 最終日◇14日◇桂ゴルフ倶楽部(北海道)◇6602ヤード・パー72>

唇をとがらせる河本結【写真】

首位から出た河本結は、逆転を許し涙を流した。悔やんだのは優勝争いも佳境に入った終盤の一打。迷いの中で放ったショットは無情にもこの日唯一のボギーを誘い、優勝戦線から滑り落ちた。

緻密な計算式が狂いを見せたのは15番パー4。「前半はいいプレーが続いていたけど、後半に入ってからは林に行ったり。ようやくフェアウェイに行った15番で波に乗ろうと思ったところでした」と、思い出すだけでもこみ上げるモノがあった。

セカンドショットはエッジまで103ヤード、ピンまでは110ヤード。通常なら48度のウェッジでギリギリ届くところを「ピッチングウェッジでハーフショットをしようと思ったら、20mくらいの下りでアゲンストのパッティングが残ってしまって」と大オーバー。痛恨の3パットボギーを喫し、流れをつかむどころか失って、ツアー2勝目を手放してしまった。

ホールアウト後は涙を流したが、自身の失敗を気丈に振り返った。「自分を信じることができなかったのが敗因ですね。インではなかなかパッティングもはいってくれず、いいパーを取りながらだったので、15番だけはやり直したいですね」と悔いの残る一日となってしまった。

負けたとはいえ、トータル12アンダーの2位タイ。これで賞金ランキングも5位に浮上したものの、V逸の悔しさは拭えない。勝負の最終日には赤いウェアを着るのが定番だが、「赤を着ても勝てない…」と一瞬だけ下を向いた。しかし、そんな悔しさと経験を糧にするのが河本流。「この位置にいることが大事だと思っていますし、また優勝争いできるようにしたい」。最後は前を向いて、笑顔で次戦の活躍を誓った。(文・高桑均)

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:7/14(日) 18:53
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事