ここから本文です

「雰囲気がパーフェクト」 廃校を改装したアンティーク雑貨店がノスタルジックな雰囲気で最高と話題に

7/14(日) 14:52配信

ねとらぼ

 廃校を改装したアンティーク雑貨店が「癒やされる」「雰囲気がパーフェクトすぎる」とノスタルジックな雰囲気で注目を集めています。猫チャンもいるなんて最高かよ……!

【画像:「海猫」のステキな店内と猫ちゃん】

 話題になっているのはTwitterユーザーのtae(@taetake_)さんが投稿した「廃校になった小学校を改装した古道具屋さん。猫にも癒やされる。最高。」というツイート。投稿にはアンティーク雑貨店の外観やフラスコなどが並ぶ店内の写真も4枚添えられており、そのステキな雰囲気には投稿から約1週間で9万4000件以上の“いいね”が寄せられています。

 taeさんが紹介したのは雑貨とアンティークのお店「海猫」(岡山県井原市)。自身は木製のプレートと、ガラスの容器などを購入したそうで、投稿をきっかけにお店の場所や品ぞろえに興味を示す人も増えています。

ノスタルジックなお店はどうやって生まれた? お店を取材

 ねとらぼ編集部は話題のアンティーク雑貨店「海猫」を取材しました。

――Twitterで大変話題になっている「海猫」ですが、なぜ廃校になった小学校を店舗にしようと考えたのでしょうか。

海猫:廃校舎を探していたわけではありません。建物との偶然の出会いでした。

――お店のコンセプトを教えてください。

海猫:海外や日本での古モノ市でお気に入りを集めるうちに、「いずれはのんびりと、時間がゆっくり流れる中で暮らしたい」と思ったのが「海猫」の始まりです。

――おすすめの商品などはありますか。

海猫:古モノはお客さまご自身との出会いなので、特にオススメはありません。が、海猫が扱っているものはインドネシアのチーク材の品です。小物から家具まで、特に美容師さん、カフェをオープンされるご夫婦、お花屋さんなど、お店の什器(じゅうき)として求めてくださいます。

――ガラス製品の取り扱いも多いのですね。

海猫:海猫=ガラス屋さんといわれるくらいに、ガラスモノが多いです。好きなモノを集めるとそうなりました。

――すてきです。お店には看板猫さんもいらっしゃるそうで。かわいいと話題になっていました。

海猫:猫ちゃんは私達が海猫を始める以前から、この廃校舎に住んでいました。私達のほうが後からお邪魔させていただいております。子猫が生まれましたが、里親さんが見つかりました。残った子は海猫の招き猫です(女の子なので避妊手術をしています。)。茶白が2歳のきなこ(丸くなると黄な粉もちみたいなので)、白黒が1歳のもーちゃん(牛がらなので)と言います。

 ノスタルジーを感じながら猫さんとも出会える「海猫」。訪ねるには車が必要ですが、岡山を訪れた際にはぜひ行ってみたいですね。

雑貨とアンティーク 海猫

所在地:岡山県井原市美星町宇戸谷1211-1
TEL:0866-87-4333
営業時間:10時から17時
定休日:火・水・木曜日
※イベント等で定休日以外も閉店している場合があります。お電話でお問い合わせください。

画像提供:tae(@taetake_)さん

ねとらぼ

最終更新:7/15(月) 8:40
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事