ここから本文です

トルコと米再び緊張、不透明感も 政変未遂から3年

7/14(日) 16:44配信

共同通信

 トルコのクーデター未遂事件から15日で3年。事件後の憲法改正で政治体制を変更し、エルドアン大統領は強大な権限を握ったが、経済は低迷し、与党が大都市の市長選で次々に敗れるなど求心力に影が差している。ロシア製の地対空ミサイルS400導入を巡り米国との関係も再び緊張、先行きには不透明感が強まっている。

 トルコ国防省は12日、S400のトルコへの搬送が始まったと発表。北大西洋条約機構(NATO)メンバーのS400導入に反対してきた米国の上院軍事、外交両委員会は、トルコに制裁を科すようトランプ政権に求める声明を出した。

最終更新:7/14(日) 16:44
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事