ここから本文です

太田プロダクション新人オーディションの締切迫る、前田敦子「今を大事に挑戦してほしいです」とエール

7/14(日) 16:00配信

デビュー

前田敦子や大島優子など第一線で活躍する女優、俳優、若手アイドル、旬のバラエティタレント、ベテランのお笑い芸人など多彩な人材が所属している太田プロダクションが、現在新人オーディションを開催中。オーディションサイト『Deview/デビュー』のインタビューに応じた前田は、「やりたいことが見つかっているのであれば、行動しないともったいないと思うので、今を大事にして挑戦してほしいなと思います」と応援メッセージを送っている。

【写真】太田プロダクション所属の前田敦子(左)、大島優子(右)


 俳優・タレント・モデル・歌手などを目指す次世代のスター候補を発掘するための今回のオーディションでは、10~19歳までの男女で将来の太田プロを背負って立つフレッシュな逸材を求めている。

 前田は自身が所属する同事務所について「本当にオールドなスタッフさんばかりというか……経験豊富な方達が多いので(笑)、違う部署のスタッフさんでもお会いすると『あっちゃん、ヤッホー』って声をかけてくださるんです。コミュニケーションを大事にしている事務所だなって思いますね」と明かし、「未だに給与明細は事務所に取りに行くというシステムなので、最低でも月に1回は必ず事務所に顔を出しますし、その時期になると同じ所属タレントの人たちにも会いますしね」とコメント。

 さらに、「私は俳優業なので、バラエティに出演されているタレントさんとお会いする機会はあまりないですけど、例えば、有吉(弘行)さんの番組に出させてもらう時は、すごく優しく接してくださいますし、仲間意識を感じたりしますね。直接関わる機会が少なかったとしても同じ事務所だっていう愛情はそれぞれが持っているし、“太田プロ愛”が強い人が多い気がします。あとは、最近の事務所では珍しいと思うくらい寛大で心が大きいです。自分で好きなことをやっていいよっていうスタンスでいてくれます」と、所属タレントの意思を尊重してれる事務所だと語る。 
 
 そしてその一方で、「でもその代わり、太田プロダクションに入るのであれば、何をやりたいのかを明確にしていた方がプラスになると思います。周りに決めてもらうんじゃなくて、“自分でこういうことがやりたい”っていうことが明確な人と一緒に夢を目指す場所がうちの事務所なのかなと思います」と分析。

 さらにオーディション応募者に向けて、「やりたいことが見つかっているのであれば、行動しないともったいないと思うので、いますぐに動いてください。何年後かにやれたらいいやっていう考えを捨てて飛び込んでほしいです。芸能界は特に生もので、一瞬で売れちゃう方もいる世界なので、入ったもん勝ちだと思います。“今じゃない”っていう言葉は使ってほしくないなと思いますし、迷っているのであれば、今を大事にして挑戦してほしいなと思います」と呼びかけた。

 『太田プロダクション主催新人発掘オーディション!!』の応募締切は、7月15日まで。応募詳細は、オーディションサイト『デビュー』にて掲載中している。前田がデビュー当時からこれまでの活動を振り返ったロングインタビューも同サイトにて掲載中。

最終更新:7/14(日) 16:00
デビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事