ここから本文です

北海道 ラベンダーが見ごろ

7/14(日) 10:30配信

tenki.jp

北海道を代表する花、ラベンダーが見ごろを迎えています。富良野周辺が有名スポットなのはもちろんですが、札幌市内にも幌見峠などラベンダー園があるんです。連休中は、ラベンダーを見に行くにも良い天気となりそうです。

連休後半 ラベンダー観光には最適!?

ラベンダーは冷涼で乾燥した気候を好み、この時期に花を咲かせるので、梅雨のない北海道は最適な場所なんです。
一昔前は、香料の原料として育てられていましたが、鮮やかな紫色が注目を浴び、現在では、観賞用としての用途も広がっています。
今日(14日)から明日(15日)にかけて、今見ごろを迎えている富良野周辺や札幌周辺では天気の大きな崩れはない見込みです。
雲が広がりやすくはなりますが、実は曇りの日の方が楽しめることがあるんです。
それは「香り」です。
曇る日は晴れる日に比べて湿度が高くなります。湿度が高く、空気中の水蒸気の量が多くなると、香りの分子がとどまりやすくなり、香りが強く、長い時間感じられるようになります。
ゆっくりと香りを楽しみたい方は曇りの日の方が、おすすめですよ。この連休にお出かけするのもいいかもしれません。

日本気象協会 北海道支社 児玉 晃

最終更新:7/14(日) 10:30
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事