ここから本文です

人気小型SUVに新しい選択肢? 三菱「エクリプス クロス」ディーゼル仕様の実力はいかに

7/14(日) 16:11配信

くるまのニュース

三菱「エクリプス クロス」に待望の2.2リッターディーゼルエンジン

三菱「エクリプス クロス」を1分動画でさくっとチェック!

 三菱自動車はSUV「エクリプス クロス」に、新たに2.2リッタークリーンディーゼルエンジン搭載車を設定し、2019年6月13日に発売しました。動画を見てもわかるように、SUVの悪路走破性と、流麗なクーペのフォルムを融合した、クロスオーバーSUVです。

SUVの力強さと流麗なクーペフォルムを融合した「エクリプス クロス」をじっくり見る(16枚)

 三菱「エクリプス クロス」は、2018年3月に登場したコンパクトSUV。当時、4年ぶりに登場する三菱の新型車として注目を集めました。

 ダイナミックなSUVの機動力に、スタイリッシュなクーペのフォルムを融合したモデルで、「RJCカーオブザイヤー」(2019年次)や「2018年度グッドデザイン賞」などを受賞。

 今回のトピックスは、これまで1.5リッターガソリン車のみの設定に、新たに2.2リッタークリーンディーゼル車が追加されたことです。

 新設定のディーゼルエンジンは、同社のミニバン「デリカD:5」と同じエンジンとなり、2000回転で最大トルク380N・mという力強さを発揮します。

 さらに8速スポーツモードATと組み合わされることで、滑らかな加速を実現。また「デリカD:5」同様、ディーゼルエンジンの排出ガスをクリーンに浄化する「尿素SCRシステム」を採用しています。

 燃費は、カタログ値で15.2km/L(JC08モード)。実際に、気にせずエクリプス クロス(ディーゼル車)を中央道の河口湖I.C.から東京I.C.まで試乗したところ、メーターの燃費表示は14.0km/Lを記録していました。

 新ディーゼル車のグレード展開は4WDのみで、グレードは「M」、「G」、「G Plus Package」に加え、新たに特別仕様車「BLACK Edition」を設定。価格(消費税8%込)は、306万1800円から342万4680円です。

くるまのニュース編集部

最終更新:7/14(日) 16:11
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事