ここから本文です

高速鉄道車両が道路を走る! イギリス向け「クラス800」日本から最後の出荷に

7/14(日) 17:13配信

乗りものニュース

前回より1両増えて2両に

乗りものニュース

 瀬戸内海に面した山口県下松市内の道路を、鉄道車両が「走行」。2019年7月14日(日)、市内にある日立製作所の笠戸事業所から下松港までイギリス向け鉄道車両「クラス800」の先頭車2両がトレーラーで運ばれ、これを見学するイベントが開催されました。

【写真】日本の道路を走るイギリスの「列車」!

 クラス800は午前10時ごろ、笠戸事業所を出発。一般車の通行を規制した山口県道366号を10km/hの速度でゆっくり西へ進みました。この日は雨が降ったりやんだりの天気でしたが、沿道には大勢の下松市民や鉄道ファンが訪れ、クラス800を載せたトレーラーが姿を現すと、カメラのシャッター音が鳴り響きました。10時50分ごろ、下松港の第2埠頭(ふとう)に到着。ここで貨物船に載せ替えられ、イギリスに渡ります。

 道路を使って鉄道車両を運ぶ「陸送」は深夜に行われることが多いため、一般の人が見る機会はほとんどありません。そこで、日立製作所の鉄道車両工場(笠戸事業所)がある下松市は「鉄道産業のまち」であることをアピールするため、日中に陸送を行って一般の人に見学してもらうイベントを2017年3月に実施しました。

 下松市や下松商工会議所によると、2017年3月のイベントでは約3万人が見学。「また開催してほしい」との声が多く寄せられたことから、下松市の市制施行80周年にあわせて陸送見学イベントを再び企画しました。開催費の一部はクラウドファンディングで調達し、運搬する車両も前回イベント時より1両多い2両に。前回より5000人ほど多い約3万5000人が見学したといいます。

 クラス800は、イギリス都市間鉄道計画(IEP)向けに日立製作所が開発した高速車両。2015年に笠戸事業所で最初に完成した車両が出荷されました。線路上の電線(架線)から電気を受け取れる電化区間では電車として走りますが、架線がない非電化区間でも、床下のディーゼル発電機でモーターを回して走ることができます。

 クラス800は現在、イギリス現地工場での製造にシフトしており、笠戸事業所からの出荷は2019年7月末で最後に。クラス800が日本の道路を走る姿も見納めになります。

草町義和(鉄道ライター)

最終更新:7/14(日) 18:12
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事