ここから本文です

「なつぞら」の舞台、十勝・帯広でスープカレーと甘いもん

7/14(日) 11:02配信

食べログマガジン

〈おいしい歴史を訪ねて〉

歴史があるところには、城跡や建造物や信仰への思いなど人が集まり生活した痕跡が数多くある。訪れた土地の、史跡・酒蔵・陶芸・食を通して、その土地の歴史を感じる。そんな歴史の偶然(必然?)から生まれた美味が交差する場所を、気鋭のフォトグラファー小平尚典が切り取り、届ける。モットーは、「歴史あるところに、おいしいものあり」。

朝ドラの舞台、十勝・帯広でスープカレーと甘いもん

現在好評放映中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』。その舞台のひとつである十勝を訪れた。

十勝は北海道の支庁のひとつ。ご存じ「十勝平野」が大きく風呂敷のように街全体を包み込んでいる。その十勝の中心部が帯広だ。十勝・帯広は、大農業がすごい勢いで発展しており、壮大な畑が並ぶ。なんでも年収3億円の農園もあるとか。北海道ホテルの支配人が迎えのバスの中でそう教えてくれた。まるでアメリカの穀倉地帯のようであり、山々を見ると大自然が広がり世界でも指折りの眺望を楽しめる。

幸せスポットとして「幸福駅」も名高い。1987年廃線になった広尾線に、愛国駅と幸福駅があった。NHK「新日本紀行」で1973年に紹介され、愛と幸福のキーワードがカップルに大人気になった。

やはりNHKの番組は地方ではすごい影響力がある。今は、どこにいっても『なつぞら』一色。スピッツの主題歌があちこちでかかっており、耳からメロディが消えなくなる(笑)。

今回、帯広に来たのは僕の人生の師匠(メンター)で、北海道ガーデン街道・六花の森にある安西水丸作品館のオープニングに参加するためである。

作品館はクロアチアの廃材を使い、欧州のなんとも落ち着いた雰囲気を自然で味わえた。キュレーターのセンスは最高レベルだ。

帯広を来たのははじめてだが、洋菓子の名店「六花亭」とカレー好きの安西水丸さんが通ったスープカレー店「カレーリーフ」に行くのが楽しみだ。

札幌から帯広へ。旅のお供は駅弁

まずは札幌駅から弁当を買って帯広までむかう。駅弁は、札幌駅の売店で遭遇した、駅弁の弁菜亭の「海鮮えぞ賞味」(1080円・税込)。なんと駅弁の真ん中に北海道がある。これは北海道愛だ。こうした繊細な仕掛けが旅を印象深いものにするのだな。ご飯は酢飯、その上に蒸したウニ、醤油漬けのいくら、蟹とサーモン、焼きホタテらがてんこ盛り。錦糸卵でコントラストをつけたら、仕上げは北海道の昆布ときた。旅は道連れ、これぞまさしく北海道を食べ尽くす弁当とともに……。

1/2ページ

最終更新:7/14(日) 11:02
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事