ここから本文です

15日(月・海の日) 山沿いを中心に急な雨に注意 週末にかけても日照不足が続く

7/14(日) 17:13配信

ウェザーマップ

 15日(月・海の日)は、西日本や東日本の山沿いを中心に大気の状態が不安定で、急な雨や雷雨に注意が必要。その先週末にかけても梅雨空の続く所が多くなりそうだ。

15日の朝にかけては西~東日本太平洋側で雨あしが強まるおそれ

 14日(日)は、梅雨前線が本州の南岸にのびている影響で、広い範囲で曇りや雨の天気となっている。
 また、前線上の低気圧が15日朝にかけて、四国から関東の南東海上へ進む見込み。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、西~東日本の太平洋側を中心に大気の不安定な状態が続きそうだ。
 特に低気圧に近い四国から関東の沿岸部にかけては雨雲が発達し、局地的に激しい雨の降るおそれがある。

 15日朝にかけて土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷、竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。

15日は雨の範囲は狭くなるものの、山沿いではやや不安定

 15日は、梅雨前線は活動を弱めながら次第に南下する見込みで、日中は雨の降る所は少なくなりそうだ。
 ただ、上空の寒気などの影響で大気の状態がやや不安定となる見通し。西~東日本の山沿いを中心に急な雨や雷雨に注意が必要となる。

 気温は、日曜日より高くなる所が多く、西日本を中心に30℃前後まで上がる暑さになりそうだ。ただ、関東や東北の太平洋側では海からの比較的涼しい風が吹き、25℃に届かない所が多くなる見込み。

週末にかけても日照不足が続く

 19日(金)頃には、太平洋高気圧が勢力を強めて本州付近まで張り出す予想も見られ、早ければ次の週末あたりに梅雨明けする地域も出てくる可能性もある。
 ただ、まだ不確定で、少なくとも木曜日頃にかけては梅雨空の続く所が多く、日照不足の解消も見込めない状況だ。
 特に、関東や東北の太平洋側では気温が平年よりも低い状態も続くため、農作物の管理などには引き続き注意が必要となる。
(気象予報士・佐々木聡美)

最終更新:7/14(日) 17:13
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事