ここから本文です

【バーデンバーデンC】カラクレナイが大外から一気に差し切る

7/14(日) 16:10配信

競馬のおはなし

ローエングリン産駒 カラクレナイ

 14日、福島競馬場で行われた11R・バーデンバーデンカップ(3歳上オープン・ハンデ・芝1200m)で5番人気、大野拓弥騎乗、カラクレナイ(牝5・栗東・松下武士)が快勝した。アタマ差の2着に1番人気のアンヴァル(牝4・栗東・藤岡健一)、3着にメイソンジュニア(牡5・栗東・渡辺薫彦)が入った。勝ちタイムは1:09.3(重)。

 2番人気で内田博幸騎乗、レジーナフォルテ(牝5・美浦・佐藤吉勝)は、5着敗退。

 馬場のいい外目を気持ちよくカラクレナイが伸び、見事な差し切りを見せた。大外枠から終始外目を回る展開だったが抜群の手応えで追走すると、直線入り口では大外を進出して一気に先頭へ。1番人気のアンヴァルが迫ったがアタマ差凌ぎ切った。

カラクレナイ 21戦4勝
(牝5・栗東・松下武士)
父:ローエングリン
母:バーニングレッド
母父:アグネスタキオン
馬主:吉田照哉
生産者:社台ファーム

最終更新:7/14(日) 16:10
競馬のおはなし

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事