ここから本文です

バルサで初仕事のグリーズマン、メッシとの共演は「大きな喜び」

7/14(日) 11:25配信

SPORT.es

アントワーヌ・グリーズマンはすでにブラウグラナの選手である。

フランス代表FWは、ラ・リーガの本部に1億2,000万円(約146億円)の契約解除金を預けた後、13日(土)にバルサの新加入選手としてのカンプ・ノウのバルサストアで初の公式活動を行った。

念願のバルサ加入 グリーズマンが忠誠誓う「ついに僕らの歩みが交差する」

バルサのロゴが記された紺色のポロシャツに黒のスウェットパンツ、そして白のスニーカーで登場したグリーズマンは、クラブの巨大なエンブレムと共にフォトセッションを行った。

その後、バルサの選手として最初のインタビューに答えた。グリーズマンは、『Barca TV』のインタビューで「僕はこの新しいステージで最善を尽くすことを約束する。クラブの目標は僕の目標でもある。偉業を成し遂げたいし、ここで実現できることを願っている」

「僕はバルサに来ることに非常に興奮していた。強く願っていたし、今はとても幸せだよ」と付け加えた。

そして、レオ・メッシとの共演に関しては、「早く彼に会いたいね。メッシの隣でプレーすることは大きな喜びになるだろう。ここにいられてとても嬉しいよ」とコメントしている。

彼はまた、同胞のウスマン・デンベレとサミュエル・ユムティティとの再会も心待ちにしている。
「ウスマンとサム(ユムティティ)に会いたよ。僕は彼らと素晴らしい関係を築いている。彼らと多くの成功を収めたいと思っている」と述べた。

14日(日)に契約書にサインし、ユニフォーム姿がお披露目される予定のグリーズマンは、「バルサは素晴らしいクラブだ。僕はさらに偉大なクラブになる役に立ちたい。早くカンプ・ノウでプレーしたいし、多くのタイトルを勝ち取ることを願っている」と語った。

最後に、自分自身については、「僕はピッチ上だけでなく、ロッカールームでも楽しみたい。たくさんの喜びをチームメイトとファンにもたらせることを望んでいる」と明かしている。

SPORT

最終更新:7/14(日) 11:25
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事