ここから本文です

サザンの新曲を初オンエア!桑田佳祐「スローにちょっとずつ、作りました」

7/14(日) 16:40配信

TOKYO FM+

桑田佳祐がTOKYO FMのレギュラー番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」に出演。7月13日の放送は、ツアーで披露されていたサザンオールスターズの未発表の新曲「愛はスローにちょっとずつ」を初OA!新曲の誕生秘話について語りました。

◆「音楽だけは怠けちゃいけない」時間をかけてできた新曲

大盛況のうちに幕を下ろしたサザンオールスターズの40周年イヤー全国6大ドーム&アリーナツアー。その中でも大きなトピックとなっていた、桑田佳祐が「ツアーの中でファンと一緒に育てていく曲」と語り披露していた新曲「愛はスローにちょっとずつ」が、いよいよ「桑田佳祐のやさしい夜遊び」で初オンエアとなりました。

番組内ではリスナーからはこんなメールが。

「ついに今夜『愛はスローにちょっとずつ(仮)』が初オンエアと聞きました。非常に楽しみにしています!ところで『(仮)』の曲のタイトルは正式にどうなったのかすごく気になります」

ツアーで披露された時には仮タイトルとなっていた新曲。このメールに対し桑田は「(仮)は一応取れたのかな。タイトルは『愛はスローにちょっとずつ』、ということになりました!」とコメント。歌詞を朗読したあと、新曲をオンエアしました。

「去年の10月からこの曲(のレコーディング)をやっていて。それこそ『スローにちょっとずつ』やってまして(笑)。どうも納得いかなくてね、途中満足いかなくてドツボにハマりながら。最後は意地だったんですけどね。昨日できあがりました。時代は代わって歳を取るんですけども、音楽だけは自分の人生の中で怠けちゃいけない、音楽だけは大切にしようという気持ちがどこかにあるんでしょうね。なんかね、ファンの方に教えられることがあるんですよね。ライブを見てくれた女性ファンの方にお手紙で『愛は、スローにちょっとずつなんですね』って言われたんですよ。ああ、そういう風に捉えていただけるんだな、と」

新曲オンエア後はファックスやメールで「ツアーで聴いた時も良かったですが、オンエアで聴くとまた違う感じでとても素敵です」「すごく良い曲で、発売が待ち遠しいです」など、たくさんの反響が。また、番組では先日88歳で亡くなったボサノヴァの創始者とも言われるシンガーでギタリストのジョアン・ジルベルトを悼んで、「イパネマの娘」をオンエア。「うちの実家は商売をやっていたもんで、ボサノヴァなんかはよくかかってたんですよね。それを聴いて大きくなったようなもんでございますから。本当にありがたいことです」と語っていました。

(TOKYO FM「桑田佳祐のやさしい夜遊び」より)

最終更新:7/15(月) 11:29
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事