ここから本文です

万全の鶴竜、疲れ知らずの8連勝で勝ち越し 3年連続途中休場の“鬼門”名古屋で好調

7/14(日) 18:35配信

AbemaTIMES

<大相撲名古屋場所>◇中日◇14日◇ドルフィンズアリーナ

 横綱・鶴竜(井筒)が、前頭三枚目・大栄翔(追手風)をはたき込みで下し、初日からの連勝を「8」に伸ばした。

【画像】大相撲名古屋場所中日(8日目)幕内後半の勝敗

 今場所の好調ぶりを示すように、この日の一番でも低い立ち合いから鋭く攻めると、足がついていかない大栄翔の重心が傾くところを、あっさりとはたき込み。万全の内容で勝ち越しを決めた。

 AbemaTVで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上は、今場所の鶴竜について「早い相撲が多いから疲れもない」と指摘。暑い名古屋場所では、鶴竜自身3年連続で途中休場している“鬼門”だが、今年においては余力を残したまま、後半戦へと臨めそうだ。

最終更新:7/14(日) 18:35
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事