ここから本文です

街なかを金魚が泳ぐ不思議な光景、奈良県大和郡山市を探索

7/14(日) 10:00配信

Lmaga.jp

屋台の金魚すくいが登場する「お祭り」を待たずとも、1年中金魚で溢れている街がある。電気屋さんの電子レンジのなかやテレビ、自販機、改札機など、街角のいたるところに金魚が泳ぐ、奈良県大和郡山市だ。

【写真】まだある、金魚が泳ぐ不思議な光景

通称「金魚神社」や「金魚観音」をはじめ、マンホールの蓋にも街路にも、金魚モチーフで溢れている大和郡山市内。なかには、大和郡山商工会が中心となり、金色に輝く「幸福の金魚」モニュメントが制作されるほど、金魚愛に溢れた街だ。

まさに金魚好きにはたまらない、金魚ワンダーランドな「大和郡山市」。なぜ、こんなにも金魚だらけなのか?そしてどれくらい金魚三昧できるのか? 市の「金魚マイスター養成塾事務局」が発行し、観光案内所などで入手できる『金魚を見る知る学ぶ楽しむマップ』を手に、街歩き取材を敢行した。

「中野電気店」
一見、普通の電気屋さんと思いきや・・・、こちらでは電子レンジや電気なべに金魚が泳いでいる。また、巨大金魚鉢? と思ったら電気屋さんらしく、街灯用ガラスカバーが金魚鉢に! すべてご主人の考案。

「幸福(しあわせ)の金魚モニュメント」
郡山城・初代藩主をまつる「柳澤神社」で、お清めの儀も執りおこなわれた赤膚焼のモニュメント。古来より金魚は風水的に縁起が良いものとされている事から、展示されている「大和郡山市商工会館」の女性職員さんも「ぜひ、触って下さい」とオススメするパワースポットだ。

「金魚鑑賞魚藍観音像(金魚観音)」
「郡山金魚資料館」が併設されている「やまと錦魚園」敷地内に、金魚や錦鯉など愛玩小動物慰霊のため1981年に建立された。手の上の青い金魚は人間界に幸を祈願したものだという。

「日本一の販売生産量にもなった大和郡山市」

ふらりと回るだけでも、これだけたくさん目に付く金魚たち。なぜここまで金魚推しなのか? 市の地域振興課・山地晋さんと農業水産課・宮本和幸さんにお話を伺った。

──「平和のシンボル、金魚が泳ぐ城下町」という市のキャッチコピー通り、金魚が泳ぎまくっていますが、なぜ金魚なのですか?

山地さん「江戸時代(1724年)、柳澤家が甲斐の国から大和郡山へ入部したときに、金魚養殖の技術を持ってきたと伝えられています。幕末に武士の副業として、明治以降は地形の利もあって金魚池が沢山つくられ、盛んに養殖されてきた歴史があるからです。なぜ、ここまで金魚養殖が盛んかというと、水質と気候が(金魚養殖に)良かったからなんですよ」

──養殖といえば、金魚の生産量も日本で1~2位を争うほどだそうですね?

宮本さん「2017年のデータで、年間5515万7千尾も販売されています。金魚すくい用の品種・和金の販売生産が圧倒的で、日本有数と言えると思います。すべての市町村さんの生産量を把握している訳では無いのですが、過去にニュースで日本一の販売生産量と記載された事もありますよ」

──金魚すくいと言えば、今年から市が主催の『全国金魚すいくい選手権大会』が『世界大会』に格上げになったとか?

山地さん「そうなんです、優勝したら世界一になれます」

──これだけ金魚が街を侵略していますが、街中に金魚が泳ぎ出したのはいつ頃からですか?

山地さん「せっかく観光に来ても(金魚の街なのに)金魚があまり居ないという事で、地元・柳町商店街の方々の主導で5~6年前から始まりました。そこで市も協力して2016年に『全国金魚のお部屋・おうちデザインコンテスト』を開催し、屋内・屋外最優秀賞、特別賞受賞者の作品を展示しています。地元商店街さんがさまざまなアイデアを出して、市も一緒になってという感じです」

1/2ページ

最終更新:7/14(日) 10:00
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事