ここから本文です

視覚障害者と歩み20年 三つ星山の会

7/14(日) 21:53配信

北日本新聞

 視覚障害者とアウトドア活動をするボランティア団体「富山三つ星山の会」(坂田清会長)の創立20周年記念イベントが14日、富山市のオークスカナルパークホテル富山で開かれ、会員ら約90人が節目を祝った。

 同会は視覚障害者の登山を支援しようと1999年に発足。登山やハイキング、スキーなどさまざまな活動をしてきた。現在の会員は約160人。

 式典では坂田会長が「これからも障害者、健常者の枠を超え、郷土の自然を愛し活動していく」とあいさつ。活動に積極的に取り組んできた5人を表彰した。

 パラクライミングの世界選手権で3連覇中の小林幸一郎さん(東京)が「見えない壁だって超えられる」と題し講演した。北日本新聞社後援。

北日本新聞社

最終更新:7/14(日) 21:53
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事