ここから本文です

『ルパン三世』がシリーズ初のフル3DCGアニメに、湯浅監督が手掛ける『クレしん』最新作はシリーズきっての異色作になど、2週間の新着アニメNewsをまとめ読み!

7/14(日) 19:15配信

Movie Walker

7月上旬までに発表され、話題となった劇場版アニメ関連のニュースをファンの声と共におさらい。『ルパン三世』がシリーズ初のフル3DCGアニメに、湯浅監督が手掛ける『クレしん』最新作はシリーズきっての異色作になど、見逃していた人は要チェック!

【写真を見る】シロの心の声を演じるのは声優界の重鎮・大塚明夫

■ 『ルパン三世』がシリーズ初のフル3DCGアニメに!

今年4月に亡くなったモンキー・パンチによる国民的アニメ「ルパン三世」。同作がシリーズ初のフル3DCGアニメーションとなり、劇場映画化されることになった。『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(8月2日公開)でも総監督を務める“VFXの第一人者”山崎貴が監督・脚本を担当するとあって、予告編を見たファンからは“やっぱりクオリティがスゴイ!”“めっちゃカッコいい!”など早くも絶賛の声が。『ルパン三世 THE FIRST』のタイトルの本作は12月6日(金)公開!

■ 湯浅監督が手掛ける『クレしん』最新作はシリーズきっての異色作に?

『きみと、波にのれたら』の湯浅政明監督が手掛ける「クレヨンしんちゃん」シリーズの最新作『SUPER SHIRO』がAbema TVとビデオパスで10月14日(月)から独占配信されることになった。野原家の飼い犬シロが世界を守るスーパーヒーローとして活躍する本作、これまで通りに真柴摩利がシロの声を務めるが、変身後のヒーローの心の声を大塚明夫が演じることになり、“渋い!”“いろんな意味で気になる”など、かなり攻めた作風が話題に。シリーズきっての異色作として語り継がれる作品となること間違いなし?

■ 『Gのレコンギスタ』が5部作で映画化!

「ガンダム」シリーズの生みの親である富野由悠季が監督し、2014年にテレビ放送された「ガンダム Gのレコンギスタ」。先日、フランスのパリで行われた第20回Japan Expoで同作が5部作として映画化されることが発表され、その第1部『行け!コアファイター』が世界初上映された。新作カットを追加し、映像を再編集する今回の劇場版に対し、“5部作とは挑戦的だな”“さすが富野”といった称賛の声が続々。「『ガンダム』という作品を知っている人には『理解ができない』と嫌われました」と富野氏も語るようにTV放送時には議論を呼んだ作品だけに劇場版の反響も気になるところだ。

■ 『ヒロアカ』劇場版第2作は本当に最後?

テレビシリーズが3期まで放送され、昨年には初の劇場版も公開された「僕のヒーローアカデミア」。7月7日に行われたイベントの中で12月20日(金)に公開となる劇場版第2弾のタイトルが『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』となることが発表された。また、原作者・塚越耕平からもコメントが寄せられ、「ある種ヒロアカ最終回とも言えます」との発言に、“マジか!”“いやだ!”との反響が。10月からはTVシリーズ第4期も放送となるが、どんなラストを迎えるのかに注目だ。

さらに、2014~15年にかけてテレビ放送され、昨年制作が決定した劇場版『SHIROBAKO』の公開日が2020年春に決定したことが発表。監督の水島努は最新作が劇場公開中の「ガールズ&パンツァー」も手掛けていることでも知られており、公開日の発表と同時に自身のTwitterに「本日より武蔵野アニメーション方面に転進。今まさに、作業中です劇場版」というツイートをアップし、ファンに向けてメッセージを送っている。また、7月からはTOKYO MXにてTVシリーズの再放送も行われているなど、本作への期待値は上がる一方だ!(Movie Walker・文/トライワークス)

最終更新:7/14(日) 19:15
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事