ここから本文です

木村カエラ、“芝犬まるちゃん”との縁に感激!バナナマンも「かわいい!」とメロメロ

7/14(日) 20:12配信

Movie Walker

ペットたちの裏側の日常をユーモラスに描き人気を博したアニメーション映画の続編『ペット2』(7月26日公開)のジャパンプレミアが7月14日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、吹替版で声優を務める設楽統(バナナマン)、日村勇紀(バナナマン)、佐藤栞里、内藤剛志、伊藤沙莉が出席。スペシャルゲストとして“取柴役宣伝隊長”の芝犬まるちゃん、イメージソングを担当した木村カエラも駆けつけ、会場を盛り上げた。

【写真を見る】ステージに上がって会場を見渡す芝犬まるちゃん。かわいい!<写真20点>

新しい家族を守るために心の弱さを乗り越えようとするマックスをはじめ、マックスからお気に入りのおもちゃを預かったギジェット、スーパーヒーローに憧れるウサギのスノーボールら、ユニークなキャラクターたちが勇気を振り絞って成長していく姿を描く本作。

芝犬のまるちゃんは、前作に引き続き宣伝隊長に就任。まるちゃんがステージに上がると、会場からも「かわいい!」と大歓声が上がった。フォトセッションタイムにもセンターポジションにおとなしく収まり、その愛らしい表情に登壇者陣もメロメロ。木村は自身の飼っているウサギも「まるくん」という名前だそうで、「まるちゃん、まるくん!」と芝犬まるちゃんとの縁に大喜びだった。

新曲「BREAKER」が本作の日本版イメージソングに起用された木村。映画を観た感想を聞かれると、「すばらしかった」と口火を切り、「動物たちの特徴の捉え方や表現方法がかわいくて、かわいくて。小さい子や大人でも勇気がもらえる作品」と大絶賛。

「マックスが『変わらなきゃ』と思う瞬間が、すごくかっこいい」と設楽演じるマックスの勇敢な姿に惚れ惚れとしたそうで、「子どもは積み木遊びをしている時に、せっかく積み上げたものをバンと壊したりする。でも、大人になると積み上げたものを壊すのが怖くなってしまう。子どもが積み木を壊すように、新しい自分になるために勢いを持って先に進むというイメージで、歌詞を作りました」と曲に込めた想いを明かしていた。

設楽は「『積木くずし』がイメージされちゃったけど、そういうことじゃないですよね」と会場を笑わせつつ、「大人になると守りに入っちゃう。ガツン!と行こうぜ、ということですね」と木村の放つメッセージに共感していた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

最終更新:7/14(日) 20:12
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事