ここから本文です

レッドブル・ホンダF1密着:予選4、5番手はモナコGPに次ぐ好グリッド。ロングランではラグの懸念なし

7/14(日) 10:45配信

オートスポーツweb

 F1第10戦イギリスGP予選のフェルスタッペン4番手、ピエール・ガスリー5番手は、今シーズンのレッドブル・ホンダにとって、第6戦モナコGP予選のフェルスタッペン3番手&ガスリー5番手(予選後3グリッド降格で8番手スタート)に次ぐ好成績である。

F1第10戦イギリスGP ピエール・ガスリーが乗るレッドブルRB15・ホンダ

 順位だけを見れば、今シーズン2番目の成績だが、タイムはモナコGPよりも今回のほうが接近している。モナコGPのポールポジションはメルセデスのルイス・ハミルトンで、タイムは1分10秒166。予選3番手のフェルスタッペンのタイムは1分10秒641だから、その差は0.475秒あった。

 それが、今回のイギリスGPではポールポジションを獲得したメルセデスのバルテリ・ボッタスが1分25秒093だったのに対して、予選4番手のフェルスタッペンは1分25秒276。その差はわずか0.183秒だった。

「ポールポジションとのタイム差は本当にわずかだったので、『もし、すべてがパーフェクトにいっていたらポールポジション争いもできたかもしれない』と思うと歯がゆい結果だった」と、フェルスタッペンは予選後の会見で悔しさをにじませていた。

 なぜフェルスタッペンは、Q3の最後のアタックを「パーフェクト」に締めくくれなかったのか。それは「残念なことに、ラグの問題があり、低速コーナーでタイムロスをしてしまった」からだった。

 この『ラグ』とは、アクセルペダルを踏んでからの出力するまでの時間の遅延のこと。要するに、出力のレスポンスが良くないという症状だ。

■ホンダ製パワーユニットを搭載した他のマシンにも出ていたラグの症状
 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターによれば、「予選では同じ場所で毎周のように、起きていた」という。しかも、それはマックスだけでなく、程度の差はあるものの、ほかのホンダ製パワーユニット(PU/エンジン)を搭載するドライバーにも出ていたという。

 だが、日曜日のレースに向けてはそれは心配していない。

「フリー走行、とくにロングランでは全然問題になっていないので、日曜日は問題ないと思っています」(田辺TD)

 ただし、「今後の予選で再発しないように、どの領域でどんな踏み方をしたときにそう感じたのかを調査し、原因をしっかりと突き止めて、対策を講じたいと思います」とも語った。

 なぜなら、この部分でチューニングがしっかりとしていたら、ポールポジションとのタイム差『0.183秒』を詰め、もしかしたら予選でポールポジションを獲得していたかもしれないからだ。

 ラグが出たことは残念だが、これはレッドブル・ホンダがまたひとつ高いステージに上がってきたことを意味する、ポジティブな結果だったととらえていいだろう。


[オートスポーツweb ]

最終更新:7/14(日) 18:24
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事