ここから本文です

同級生対決、輝が炎鵬破る 大相撲、幕内で初の対戦

7/14(日) 1:13配信

北國新聞社

 大相撲名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)7日目の13日、金沢市西南部中時代の同級生である西前頭12枚目の輝(25)=七尾市出身、高田川部屋=と西前頭14枚目の炎鵬(24)=金沢市出身、宮城野部屋、金沢学院大OB=が初めて対戦し、輝が炎鵬を押し倒しで破った。石川県で生まれ育ち、子どもの頃から切磋琢磨(せっさたくま)してきた2人が、相撲界の頂点である幕内の土俵でぶつかった。

 2人の対戦は中学以来。中学卒業とともに角界入りした「たたき上げ」の輝が、大卒の炎鵬にキャリアの差を見せつけた。輝が懐に入ろうとする炎鵬を突き放し、一気に押し倒した。

 4勝目を挙げた輝は「お互いけがをせず、何度も取っていきたい」と笑顔を浮かべ、2敗目を喫した炎鵬は「全てで圧倒された。もう一回やりたい」と悔しがった。

 輝は2010年春場所でデビューした。16年初場所に新入幕を果たし、幕内力士として定着している。一方の炎鵬は金沢学院東高(現金沢学院高)、金沢学院大に進み、白鵬に誘われて角界入り。17年春場所で初土俵を踏み、先場所に幕内に昇進した。

北國新聞社

最終更新:7/14(日) 1:13
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事