ここから本文です

このタイミングで言う?ネイマールが驚きの発言「最高の思い出は…」

7/14(日) 9:12配信

ゲキサカ

 バルセロナ復帰が盛んに報じられているパリSGのブラジル代表FWネイマール(27)が驚きの発言だ。

 仏『フランス・フットボール』によると、ネイマールはインタビューで「サッカー選手として最高の思い出?バルセロナ時代のパリSG戦かな。僕たちが6点目を決めたときの感情は信じられないものだった。これはみんなにとって最高の思い出だと思うよ」と語ったという。

 ネイマールが最高の思い出と語ったのは、2017年3月8日にカンプ・ノウで行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦だ。

 2月14日のアウェーでの第1戦を0-4で落としていたバルセロナは、ホームで驚異的な追い上げをみせると、2戦合計3-5で迎えた後半44分、45分にネイマールが立て続けにゴールを奪取。まだアウェーゴール数の差で負けていたが、アディショナルタイム5分にネイマールの浮き球クロスからMFセルジ・ロベルトが技ありボレーを叩き込み、大逆転突破を果たした。

 バルセロナにとっては“カンプ・ノウの奇跡”とも言うべき歴史的逆転劇だったが、未だ欧州CL制覇の経験がないパリSGにとっては、屈辱的な敗戦。ネイマールとしては素直な返答だったかもしれないが、バルセロナ復帰に関する報道はさらに過熱しそうだ。

最終更新:7/14(日) 9:12
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事