ここから本文です

FC東京は今季初の3失点…“原因”語ったGK林彰洋「1人のせいじゃない」

7/14(日) 22:35配信

ゲキサカ

[7.14 J1第19節 FC東京0-3川崎F 味スタ]

 2連覇王者の川崎フロンターレをホームに迎えた“多摩川クラシコ”。この試合を制すれば優勝が現実的に見えてくる立場にあったFC東京だったが、今季初の3失点で完敗を喫した。終盤はミスが散見される苦しい戦いぶりを強いられた中、守備陣が反省したのはセットプレーで与えた先制点だった。

「先制点を取らせたくない中で、セットプレーから1点目を取られたのが大きかった」。相手の枠内シュートは約10本。ビッグセーブも見せていた守護神GK林彰洋はそのように振り返った。

 FC東京は前半20分、MF下田北斗によるアウトスイングの左コーナーキックがニアサイドに送られると、MF東慶悟がFW小林悠をマークできず。警戒していたはずの相手エースをフリーにしてしまい、豪快なヘディングシュートを叩き込まれた。

「あのボールを叩けるようなシチュエーションを作ったことがミス。1人のせいじゃない」。マーカーだけの責任にしなかった林によれば、その布石は5分前のプレーにあった。前半15分、MF中村憲剛の右CKをDFジェジエウに合わせられ、クロスバー直撃の決定機を招いた場面だ。

「あのポジションでやられたからこそ、謙佑の位置がちょっと前になってしまった」。失点シーンではニアに立っていたFW永井謙佑のジャンプがわずかに及ばなかったが、直前のプレーを受けて警戒しておく必要があると判断した結果のポジショニングだったようだ。

 そうしてこの先制点が決まったことで、ゲームプランが崩れた。川崎Fの巧みなボール回しに「取られていなければ焦れずに行けたかもしれない」中で、「後半に巻き返そうと点を取りに行く」必要が出てきたことで、そこから2失点。守護神は「これを糧にしていくしかない」と前を向くしかなかった。

 また、ディフェンスリーダーのDF森重真人も「セットプレーで失点してから相手の流れになってしまった」と悔しい表情。「この負けをしっかり認めて、試合後にフロンターレが喜んでいる姿を目に焼き付けて、残りの試合を戦っていかないといけない」と奮起を誓った。

最終更新:7/14(日) 22:50
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事