ここから本文です

三四郎、長時間番組をこなす秘訣は「抜くこと」!?

7/15(月) 20:02配信

ニッポン放送

7月15日、三四郎がニッポン放送開局記念日スペシャル「おかげさまで65周年”あなたとROCK&GO”」に出演し、番組からイベントまで様々な形でニッポン放送と関わる中でのエピソードを語った。

三四郎は、2015年春からオールナイトニッポン0(ZERO)のレギュラーパーソナリティを務め、2019年4月からオールナイトニッポン(毎週金曜 25時~)のパーソナリティに就任したが、オールナイトニッポンに限らず様々な形でニッポン放送と関わってきているということで、“ニッポン放送の2010年代を代表するパーソナリティ”としてスタジオへ登場した。

オールナイトニッポンのライブイベント「ALL LIVE NIPPON」にも4年連続出場するなど様々なニッポン放送のイベントへの出演も多く、横浜高島屋の「ニッポン放送 うまいもん祭り」にも5年連続出演し、この春も6年目に向け「仕上げていた」という三四郎だが、「オファーが来なかった」とこぼした2人。

そして、もちろん放送での関わりもニッポン放送とは深い三四郎。2016年から3年連続で出演したが、2016年は4時間、2017年は5時間半、2018年は4時間という番組で、長時間特番のいわば“常連”。この5月に放送された民放連とNHKの共同企画「#このラジオがヤバイ」の特番のパーソナリティを務めたが、この番組も6時間であった。

このような長時間番組の“秘訣”を飯田浩司アナウンサーが訊いたところ、「抜くところは抜く。そうしないともたない(笑)」と返した三四郎・小宮。「10年後のニッポン放送がどうなっているか?」という質問にも「10年後にも新春の特番をやれていたらうれしい」と小宮が答えると、「10年後には、何時間の番組になっている気になりますね(笑)」とすかさず返す相田だった。

ニッポン放送開局記念日スペシャル「おかげさまで65周年”あなたとROCK&GO”」
FM93AM1242ニッポン放送 2019/7/15 5:00-21:50

最終更新:7/15(月) 20:02
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事