ここから本文です

三菱ケミカルの最新シャフトで初優勝 S.ランクンの14本

7/15(月) 16:54配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

大会名:ニッポンハムレディスクラシック
日時:7月11日(木)~7月14日(日)
開催コース:桂ゴルフ倶楽部(北海道)
優勝者:S.ランクン

ツアー会場で発見! 三菱ケミカルの新作シャフト

今季から日本ツアーに加わった19歳のS.ランクン(タイ)が首位に1打差の3位からスタートして「67」でプレー。2位に3打差をつける通算15アンダーで逆転し、初優勝をあげた。

「ドライバーが本当によかった。250ydのティショットでフェアウェイをキープできると、グリーンを狙いやすくなる。自信を持てました」と、最終日のフェアウェイキープ率は86%を記録した。

クラブは母国でプレーしていたときから提供をうけるピン製で14本をそろえる。ドライバーはピン G400 マックス ドライバー(9度)。シャフトは9月上旬に発売が予定されている三菱ケミカルのディアマナZF(50グラム台、46インチ、硬さS)を使用した。

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:ピン G400 マックス ドライバー(9度)
シャフト:三菱ケミカル ディアマナ ZF-50(46インチ、硬さS)
フェアウェイウッド:ピン G410 フェアウェイウッド(3番14度)
ユーティリティ:ピン G400 ハイブリッド(3番19度、4番22度)
アイアン:ピン i210 アイアン(4番~W)
ウェッジ:ピン グライド 2.0 ウェッジ TS(50度、58度)
パター:ピン シグマ2 タイン パター
ボール:タイトリスト プロ V1X ボール

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事