ここから本文です

クリスタルオーシャンが単独トップに、プリンスオブウェールズSでG1初制覇/ロンジンワールドベストレースホースランキング

7/15(月) 12:27配信

netkeiba.com

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)が、世界の主要レースを対象とした「ロンジンワールドベストレースホースランキング」を発表した。今回の対象レースは、2019年1月1日から7月7日までとなっており、新たにロイヤルアスコットの諸競走、エクリプスSなどが含まれている。

 120ポンド以上を獲得した32頭が掲載されたなか、ランキングトップは前回までのビューティージェネレーション、シティオブライト、ウィンクスの3頭から、単独でプリンスオブウェールズSを制したクリスタルオーシャン(127ポンド)となった。

 続く第2位タイに前回までのトップ3頭(125ポンド)、第5位タイは既に現役引退が発表されているブルーポイントとTJスミスSの覇者サンタアナレーン(124ポンド)、そして第7位に今年初戦のエクリプスSを快勝したエネイブル(123ポンド)が続いている。

 日本馬の最高順位は、前回から変わらず、ウインブライトの16位タイ(120ポンド)となっている。

(JRAホームページの発表より)

最終更新:7/15(月) 12:27
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事