ここから本文です

<クリス・ペプラー>“マッハ”稲葉友に嫉妬?「ちくしょうと思った…」 “ベルトさん”が劇場版仮面ライダージオウに 

7/15(月) 19:01配信

まんたんウェブ

 特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の劇場版「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(オーヴァー クォーツァー)」(田崎竜太監督、7月26日公開)の完成報告イベントが7月15日、東京都内で行われ、ゲスト出演するクリム・スタインベルト役のクリス・ペプラーさんが登場した。

【写真特集】「祝え!」“ウォズ”に“ゲイツ”“ツクヨミ”も みんな笑顔!

 2014~15年放送の「仮面ライダードライブ」で、仮面ライダードライブの変身ベルトであるドライブドライバーの開発者であり、敵に襲われ命を落してしまったものの自身の意識を全てベルトに移し、“ベルトさん”として戦い続けてきた、クリム・スタインベルト(ペプラーさん)。今回の劇場版では、平成仮面ライダーの未来を大きく左右する重要な人物として登場する。

 再びスタインベルとして戻ってくることになり、その反響を聞かれたペプラーさんは、「やばいですよ。ツイッターをやっているのですが、(出演発表時に)1万5000いいねを初めてもらって、すっげーと思ってたんですよ」と明かしつつ、「(同じく劇場版にゲスト出演する詩島剛/仮面ライダーマッハ役の)稲葉友君のツイートを見たら、4万近くいいねがついていて。それを見て『ちくしょう』と思った自分はちょっと小さいかなと思いました(笑い)。反響が素晴らしくて、私も大好きな役なので、楽しみながら演じました」と振り返った。

 今回の出演シーンについては、「私、うっすら出ています。見ていただければ分かります。顔は濃いですけど、映画の中ではかなり薄く出ています。見てのお楽しみです。(“ベルトさん”の声で)見てくれたまえ!」とアピールしていた。

 「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」は、平成仮面ライダー“最後の劇場版”。常磐ソウゴの前に歴史の管理者、クォーツァーが現れる。王誕生に隠された大いなる陰謀が明らかになり、ソウゴ、ゲイツ、ツクヨミ、ウォズ、すれ違うそれぞれの思惑が、一つの未来を決定する。そして、ついに「仮面ライダージオウ」最大の謎が明かされる……という内容。

 この日は、「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」と2本立てで同日公開される「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」(上堀内佳寿也監督)の完成報告イベントで、常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)役の奥野壮さんやコウ(リュウソウレッド)役の一ノ瀬颯さんら、両劇場版の主要キャストも登場した。

最終更新:7/15(月) 19:01
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事