ここから本文です

(科学の扉)太陽光発電、宇宙から 巨大パネル建設や送電の制御、高い壁

7/15(月) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 宇宙空間で太陽光発電して地球に送る「宇宙太陽光発電」の実現に向けて、送電技術の実験が進んでいる。昼夜があったり、天候に左右されたりする地上での発電と比べて効率が高いと期待される。「究極」の太陽光発電だ。

 兵庫県内にある屋外試験場で5月末、送電実験が行われた。六つのプロペラが回転し、小型ドローンが飛び上がった。地上には卓球台ほどの装置が設置されている。ドローンの位置を検知し、電気をマイクロ波のビームに変換して送る装置だ。
 ドローンが約30メートルの高さまで上昇すると、「送電を開始します」とアナウンスが流れた。…… 本文:2,237文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:7/15(月) 16:00
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事