ここから本文です

SEHUN&CHANYEOLのユニット「EXO-SC」、22日発売デビューアルバムに自作曲を収録

7/15(月) 11:00配信

WoW!Korea

トリプルタイトル曲を予告した「EXO」SEHUNとCHANYEOLの新ユニット「EXO-SC」が、デビューアルバム全曲の作詞に参加したのはもちろん、自作曲も収録し、メッセージを伝える。

EXOのプロフィールと写真

 「EXO-SC」の1stミニアルバム「What a life」は、22日午後6時にMelon、FLO、genie、iTunes、Spotify、QQミュージックなどの各音楽サイトで公開され、トリプルタイトル曲「What a life」、「Just us 2」「Closer to you」を始めとしたヒップホップジャンルの計6曲が収録されている。

 今回のアルバムは、Gaeko(Dynamicduo)とDEVINE CHANNELが全曲プロデューシングを担当している。これまでSEHUNは、「EXO」のコンサートで公開したソロ曲「Go」の作詞に、CHANYEOLは「EXO」のアルバムタイトル曲「Love Shot」、「Ko Ko Bap」、収録曲「With You」などの作詞・作曲に参加し、音楽的な力量を認められているだけに今回のユニット活動で見せる音楽の世界がさらに期待される。

 またトリプルタイトル曲の一つである「What a life」は、ユニークなプラグサウンドと中毒性のあるリフレインのヒップホップで、歌詞には「働くのも、遊ぶのも、全て楽しもう」という愉快なメッセージが込められており、二人らしい明るくて前向きなメッセージが伝わってくる。

 二人は、デビューアルバムの発売を記念して22日午後8時、ソウル・MUV HALLでショーケースを開始。その様子はV LIVEの「EXO」チャンネルで全世界にライブ配信される予定で、関心を高めている。

 「EXO-SC」の1stミニアルバム「What a life」は、22日にCDでも発売される。

最終更新:7/15(月) 11:00
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事