ここから本文です

<山崎賢人>又吉直樹「劇場」実写化で主演 松岡茉優がヒロイン

7/16(火) 6:00配信

まんたんウェブ

 お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんの恋愛小説「劇場」(新潮社)が、俳優の山崎賢人さん主演で実写映画化されることが7月16日、明らかになった。ヒロインとして女優の松岡茉優さんが出演することも発表された。映画は、「世界の中心で、愛をさけぶ」「ナラタージュ」などの行定勲監督がメガホンをとり、2020年公開。

【写真特集】切なくてさみしい空気… 又吉直樹の「劇場」

 「劇場」は、又吉さんが「第153回芥川龍之介賞」を受賞した小説「火花」より前に書き始めていた作品で、劇作家を目指す主人公の永田と、彼に恋をし、必死に支えようとする沙希の生涯忘れることができない7年間の恋を描いた恋愛小説。

 今回、演劇に身も心もささげながら、実生活では社会や周囲の人々とうまく協調できない不器用な永田を山崎さんが演じる。撮影前に何度も行定監督とエチュードを重ね役を作り上げたといい、人生初のひげを生やし、これまでに見たことのない表情で作品に挑んでいるという。ヒロインの沙希を松岡さんが演じる。

 中学からの友人と設立した劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山崎さん)。しかし、前衛的な作風は上映ごとに酷評され、客足も伸びない。劇団員と永田の関係も悪く、永田は言いようのない孤独を感じていた。そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履いている沙希(松岡さん)を見かけ声をかける。突然の出来事に沙希は戸惑うが、様子がおかしい永田を放っておけず一緒に喫茶店に入る。女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。沙希は自分の夢を重ねるように永田を応援し続け、永田は自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実と間を埋めるようにますます演劇に没頭していくが……というストーリー。

 脚本は、行定監督とは映画「ピンクとグレー」に続き映画では2作目となる蓬莱竜太さんが担当。撮影は今年6月初旬から始まり、“演劇の聖地”下北沢を中心に東京都内で行われる。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 6:00
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事