ここから本文です

みんなのうたミュージカル「リトル・ゾンビ・ガール」に上白石萌音&一路真輝

7/15(月) 11:33配信

ステージナタリー

日生劇場ファミリーフェスティヴァル2020「NHKみんなのうたミュージカル『リトル・ゾンビ・ガール(仮題)』」が、来年7月に東京・日生劇場で上演されることが決定。本作の主演を上白石萌音が務め、一路真輝が出演することが併せて発表された。

【写真】左から上白石萌音、ノノのイメージイラスト。(イラスト:柴山恵理子)(メディアギャラリー他5件)

これは、NHKの音楽番組「みんなのうた」で放送された歴代の名曲を全編にちりばめた新作ミュージカル。脚本を徳野有美、演出を鈴木ひがし、音楽監督を八幡茂が担当する本作では、「手のひらを太陽に」「コンピューターおばあちゃん」「アップル パップル プリンセス」「プレゼント」ほか10曲以上が披露される。

人里離れた森で暮らすゾンビの女の子・ノノ役を演じる上白石は「まさかのゾンビ役に驚いていますが、遊び心と勇気を持って、人間らしく、精一杯務めさせていただきます」と意気込み、ゾンビの長老・リリィ役を務める一路は「参加させて頂ける事に幸せを感じています。素敵な舞台になるよう頑張ります!」とコメントした。

東京公演は来年7月17日から26日まで行われ、8月下旬から10月上旬にかけて全国各地でも上演される予定だ。

■ 上白石萌音コメント
たくさんの音楽を、歌う楽しさを、「みんなのうた」に教わってきました。その曲たちを舞台からお届けできるなんて、とても感慨深いです。そして、幼い頃に舞台を観た時の感動と興奮は、今も色褪せずに日々の原動力になっています。この舞台も誰かにとってのきっかけになれたなら、ほんとうに素敵なことだと思います。世代を問わず家族で楽しめる物語の中に、実は大人たちへのメッセージが強く込められているようにも感じます。時を越えて愛される「みんなのうた」と旅をするのが今から楽しみです。まさかのゾンビ役に驚いていますが、遊び心と勇気を持って、人間らしく、精一杯務めさせていただきます。

■ 一路真輝コメント
小さい頃から、大人になってから、そして子育てをしながら「みんなのうた」を楽しみ、共感し、励まされてきました。そのうたの数々の世界の中でミュージカルが出来る!こんな素敵な事があるでしょうか。お子様から大人まで幅広い年代の方々が楽しめる舞台になると思います。参加させて頂ける事に幸せを感じています。素敵な舞台になるよう頑張ります!

■ 日生劇場ファミリーフェスティヴァル2020「NHKみんなのうたミュージカル『リトル・ゾンビ・ガール(仮題)』」
2020年7月17日(金)~26日(日)※予定
東京都 日生劇場

2020年8月下旬~10月上旬
全国公演を予定。

脚本:徳野有美
演出:鈴木ひがし
音楽監督:八幡茂
出演:上白石萌音、一路真輝 ほか

最終更新:7/15(月) 11:33
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事