ここから本文です

出しっぱなしの物を見つけたらシルバニアの赤ちゃんが出動! 同居人への「かわいい片付けの促し方」がやさしい世界

7/15(月) 11:16配信

ねとらぼ

 物を出しっぱなしにしていると、シルバニアファミリーの赤ちゃんがやってきて群がっちゃう――そんな同居人への「かわいい片付けの促し方」が注目を集めています。

【画像】ガムテープに集まるシルバニア

 この方法を編み出したのは、婚約者である彼氏さんと同棲中のぞのさん。投稿された写真では、出しっぱなしにされた耳かきやガムテープに、かわいい動物の赤ちゃんたちが「なにこれー?」「なにだろうねー?」とばかりに集合。しまい忘れをさり気なく伝えています。こんなにホンワカする指摘方法ははじめてかも……!

 きっかけは、ぞのさんが何度注意しても使った物をそのまま出しっぱなしにする彼氏さんに対して、そもそも「出したらすぐしまわないのを強要するのは私のエゴではないか」と思い始めたことから。注意されるのもするのも嫌という気持ちと、かといってこちらが片付けてしまうと任せっきりにされる恐れもあるため、出したままにすると“片付けなきゃいけないもの(人形たち)”が増えるという今回のルールに至ったそうです。

 結果的に「ケンカもせずちゃんとやってくれるようになった」ことを報告していて、「最近はシルバニアポリスも暇してます」と、赤ちゃんの出動がほとんど無くなるほど平和が保たれているようです。

 さらに最近では、たまに人形たちが集まることがあると、彼氏さんも「あっ…やば集まってきちゃってる…」と言いつつ、片付ける前に写真を撮ったりとノリノリとのこと。またぞのさん自身も、以前は出しっぱなしのものを見つけるとブチ切れそうになっていたのが、今は「あっ!出動だー!!!」と広い心をもてるようになったという変化があったそうで、「シルバニアの赤ちゃんは神です…」とコメントしています。まさに救世主だ……!

 ちなみに、シルバニアファミリーはぞのさんが以前に集めていたもの。現在の化粧品集めなどの収集癖に関して彼氏さんから呆れられていたため、これまで秘密にしていたそうですが、ある時実家から人形をいくつか連れて帰ってきても何も言われなかったことから、どんどんと今のお家へ。人数は実家の子も合わせると35体くらいとのことでした。棚の上に整列する姿がかわいい。

 Twitterでは「お互いのイライラが減るステキな方法」「うちも取り入れたい!」と、ユーモアのある平和的解決方法にナイスアイデアの声が上がり、「この為だけにシルバニアの赤ちゃん買おうかなと思ってしまったw」なんて声も上がる反響を呼んでいます。

画像提供:ぞの(@zonocosme)さん

ねとらぼ

最終更新:7/15(月) 16:22
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事