ここから本文です

内村航平「かなえられる夢以上にはなってきた」両肩痛が回復 五輪切符へ逆襲態勢

7/15(月) 8:30配信

デイリースポーツ

 体操男子の内村航平(30)が14日、都内で所属先のリンガーハット主催の「親子大運動会」に参加した。小学生と保護者とともに、玉入れや綱引き、障害物リレーなどで汗を流し、鉄棒の演技も披露。ノリノリで約2時間のイベントをこなし、「一緒に楽しめた」と、笑顔を浮かべた。

 両肩痛を抱えていた影響もあり、今年の世界選手権代表入りは逃した。ただ、治療に集中できたおかげで、両肩も回復。復帰戦となる全日本シニア(8月30日、福井)に向け、すでにつり輪以外は練習も積めており「痛みはほぼほぼない。気持ちも上向いた」と強調した。

 「夢物語」と話していた東京五輪についても「絶対に行くまでの自信はまだないが、かなえられる夢以上にはなってきた」。逆襲の態勢は整いつつある。

最終更新:7/15(月) 15:19
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事