ここから本文です

習志野コールド発進、センバツ準Vも手堅い試合運び

7/15(月) 12:23配信

デイリースポーツ

 「高校野球千葉大会・2回戦、習志野7-0安房」(15日、ZOZOマリンスタジアム)

 今春センバツ準V・習志野は八回コールドで好発進した。三回1死二塁から根本翔吾外野手(3年)が三塁方向へセーフティー気味にバントし、相手の失策を誘って先制。2-0の五回には4安打を集中させて4点を追加して突き放すと、八回2死満塁で角田勇斗内野手(2年)の左前適時打で勝負を決めた。

 春の聖地でファイナリストとなっても、スタイルは不変だ。1点を先制してなおも1死二、三塁では、“2ランスクイズ”を敢行。結果的に二塁走者は本塁でタッチアウトで終わったが、小林徹監督は「集中したゲームをしないと」と小技や足を絡めた攻撃を展開した。

 「旬(の選手)を使ってあげたい」と調子のいい選手を積極起用した。W主将の1人である竹縄俊希外野手(3年)はベンチスタート。代わりに「6番・左翼」で先発の川嶋宥徳外野手(3年)が1安打1打点と結果を出すなど、選手層も厚くなっている。

 「(投手陣の)中心であるのは間違いない」と指揮官が信頼の置くエース・飯塚脩人投手(3年)の温存にも成功した。13日にセンバツ決勝で対戦した東邦が愛知大会2回戦で敗退。「明日は我が身と常に思っていますから」と小林監督。夏8年ぶりの聖地切符へ向け、隙はない。

最終更新:7/15(月) 12:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(火) 7:20

あなたにおすすめの記事