ここから本文です

楽天投手陣に連続アクシデント 塩見登板回避→代役菅原は打球直撃

7/15(月) 16:04配信

デイリースポーツ

 「オリックス-楽天」(15日、京セラドーム)

 楽天・菅原秀投手が二回、アクシデントに襲われた。

 1点先制された後の二回2死一、三塁の場面。カウント2-2からの若月の打球が右膝に直撃。何とか拾って一塁に送球したが、セーフとなり、オリックスに2点目が入った。

 打球を受けた菅原はベンチ裏で治療に入り、試合は一時中断。投手交代かとも思われたが、再びグラウンドに姿を現すと、スタンドの観客からは拍手が起こった。

 この試合、楽天は先発予定だった塩見が、練習中に腰の張りを訴えて登板を回避。代わって菅原が先発することになった。

 塩見は、試合前にゴロ捕の練習を行っている際に腰の痛みを覚えたという。石井GMは「(昨年手術した)ヘルニアとは違う場所なので、ローテを1回飛ばす感じでと考えている。大事を取ってです」と説明。出場選手登録は抹消せず、経過を見ていく方針だ。

最終更新:7/16(火) 11:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事