ここから本文です

楽天菅原「無心で投げられたのかも」緊急登板→打球直撃も5回2失点の好投

7/15(月) 18:14配信

デイリースポーツ

 「オリックス-楽天」(15日、京セラドーム)

 緊急登板の楽天・菅原秀投手(25)が、アクシデントに見舞われながらも5回2失点の好投を見せた。

【写真】トレーナーに抱えながらベンチに戻る菅原秀

 先発予定だった塩見が、練習中に腰の張りを訴えて登板回避。代わって急きょ先発のマウンドに立った。

 「いつもは緊張しないのですが、今日は緊急だったので、今までで一番緊張した」。初回は3者凡退の立ち上がりも、二回に1点を失いなお2死一、三塁から、若月の一打が菅原の右膝付近を直撃する内野安打となり2点目を失う。

 だが、一時はベンチに下がったが、治療後にマウンドに戻ると、三回以降はオリックス打線に得点を許さなかった。打線は、その粘りに応えるように三回に同点に追いつくと、四回1死三塁から島内の中前適時打で勝ち越しに成功した。

 「今日はゲームを作ろうと、とにかくリードを守ろうと思って投げた。足に打球が当たった分、無心で投げられたのかもしれません」と菅原。勝利投手の権利を得て、マウンドを救援陣に託した。

最終更新:7/16(火) 11:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(月) 23:50

あなたにおすすめの記事