ここから本文です

巨人デラロサが来日初登板 被安打3も山田哲を三振斬りで無失点 最速157キロ

7/15(月) 21:03配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト-巨人」(15日、長野オリンピックスタジアム)

 巨人の新外国人デラロサが、1点ビハインドの七回に登板。3安打を許したが、無失点に抑えた。

 先頭雄平にはフルカウントまでいったが、直球で押し込み遊ゴロ。西浦には2球目の148キロ直球を仕留められ、中前打。さらに、中村にもバスターから左前打を浴びた。

 広岡は157キロ直球で見逃し三振。田代にはスライダーを打たれ、右前打で満塁とされた。

 2死満塁となって山田哲と対戦。初球155キロで空振りを奪うと、1ボール2ストライクから152キロ直球で見逃し三振。威力ある直球で好打者をねじ伏せた。

 チームはリリーフ陣に不安があり、緊急補強。この日、出場選手登録され、即登板となった。

 今季はダイヤモンドバックス3Aで18試合に登板。防御率2・49だった。

最終更新:7/15(月) 21:13
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事