ここから本文です

闇営業で謹慎13人がグループLINE“ヒカリ” 社会福祉に向け…HG妻明かす

7/15(月) 22:22配信

デイリースポーツ

 カラテカ・入江慎也(42)に紹介された反社会的勢力との闇営業で、所属する吉本興業から謹慎処分を受けたレイザーラモンHG(43)の妻でタレントで実業家の住谷杏奈(36)が15日、TOKYO MXの生番組「バラいろダンディ」(月~金曜、後9・00)に出演し、HGの謹慎生活を明らかにした。

【写真】光に映える白い肌…グラビアも掲載HG妻の逆転指南本

 住谷は「一個人の嫁としての意見なんですが、もう引退してもらいたいなと、私は」と、夫HGに引退を勧めたことを告白。しかし、HGは「テレビに出られなくてもRGさんと2人で漫才を、それだけは続けていきたい」と、テレビ復帰は無理でも相方レイザーラモンRG(45)とのコンビ活動には執念を見せていることを明かした。

 謹慎中とあってHGは「家にいる」が、住谷は「謹慎された芸人さん13人と『ヒカリ』っていうグループラインを作って、これからチャリティーとか、色んなことに貢献していこうというので動いています」と現状を伝えた。

 なお、「ジムは(行っています)、はい」と、HGが肉体は鍛え続けていることも打ち明けていた。

最終更新:7/15(月) 23:16
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事