ここから本文です

【ガチ対決】「ガンダムvsハローキティ」3戦目は熱意とカリスマ性のぶつかり合い?

7/15(月) 11:31配信

マグミクス

異色のコラボ第3戦は「謎解き」、競うのはクリア人数

 2019年に注目を集めている異色のコラボ「ガンダム vs ハローキティ」プロジェクトの「対決」が、3戦目に突入しようとしています。SCRAPが運営するテーマパーク「東京ミステリーサーカス」(東京都新宿区)に決戦の地を移し、謎解きイベントのクリア人数を競うというのです。

【画像】ファンなら行くしかない!? 「ガンダムvsキティ」今後の対戦予定(9枚)

「ガンダム vs ハローキティ」プロジェクトは、「ガンダム40周年」と「ハローキティ45周年」を記念してさまざな企業とのコラボ企画が実施され、それらに参加したファンによる投票で「対決」するイベント。これまで丸亀製麺とイトーヨーカドー専門店街で「対決」が実施され、1勝1敗の成績となっています。

 2019年7月18日(木)より開催される3戦目は、「ガンダム起動作戦」、「ハローキティのナゾトキミュージアム」の謎解きイベントです。このふたつの謎解きゲームは、ガンダムとハローキティのストーリーを色濃く反映しています。

「ガンダム起動作戦」はアニメ第1話「ガンダム大地に立つ!!」を意識して作られており、謎解きの目的も、主人公アムロ・レイと協力しながらガンダムの完成を目指すことにあります。クリア後にはAR技術を用いた”実物大ガンダム”が待ち受けていることが明らかにされており、ファンであればなおのこと、謎解きに熱が入りそうです。

 一方、『ハローキティのナゾトキミュージアム』は、ハローキティの生誕から現在、そして未来と、時代ごとのテーマに沿ったハローキティの謎を「美術館」に見立てた館内を歩きながら解き明かすことが目的です。

 謎を解いている途中、ハローキティからフルボイスのメッセージがLINEに届いたり、館内におなじみの「ポップコーンマシン」が設置されていたりと、見どころが満載。両者とも、謎解きのワクワク感に加え、さらにファンを喜ばせる工夫が随所に盛り込まれているのです。

「熱いファンの熱」vs 「カリスマ性」の勝負でもある

「ガンダムvsハローキティ」プロジェクトは、この謎解きゲームでの「対決」でリードがつきます。競われるのは謎解きのクリア人数ですが、いったいどちらに軍配があがるでしょうか。

『ガンダム起動作戦』にはもちろん、全国の熱いガンダムファンが挑むことが予想されるので、ハイスコアに期待が持てます。しかし、開催が予定されている7月終盤は、ちょうど子供たちが夏休みに入る時期でもあります。『ハローキティのナゾトキミュージアム』も、ハローキティのファン層の広さや、家族単位での参戦を考慮すると、一概にどちらが有利とは言えません。

 第1戦、第2戦が飲食やショッピングに関連した勝負であったのに対し、今回の戦いはコンテンツの魅力が直接参加者を引き寄せる「ガチ対決」といえるでしょう。そうした意味では、ガンダムに対するファンの熱と、広いファンを持つハローキティのカリスマ性が勝敗を決する、重要な「対決」となるかも知れません。

 もちろん、イベントの勝敗がどのような結果になろうとも、ガンダムとハローキティが日本を代表する2大コンテンツである事実は変わりません。イベント実施中、会場となる「東京ミステリーサーカス」館内では、ガンダムとハローキティの得票数がリアルタイムで表示される予定です。「対決」の行方に注目したいところです。

マグミクス編集部

最終更新:7/15(月) 13:20
マグミクス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事