ここから本文です

“介護される前“の世代が注目「介護脱毛」 ニーズ高まる背景は?

7/15(月) 11:05配信

MBSニュース

2025年には国民の5人に1人が75歳以上の後期高齢者になる日本。自宅で療養する在宅介護もますます増えると見込まれる中、今、介護を受ける前の世代に注目されているのが「介護脱毛」です。将来自分が介護されるときに備えて行うアンダーヘアの脱毛のことですが、どのように行うのか、また、40代が注目している理由とは?

6年後には在宅介護を受ける人が427万人に!?

大阪市北区にある大原医療福祉製菓専門学校梅田校。介護福祉士を目指す人たちが人形などを使って介護の勉強をしています。

「今から女性のお人形を使って排せつの介助、紙おむつの交換を説明したいと思います。」(大原医療福祉製菓専門学校 田辺麻里専任講師)

この日は排せつ介助の講習会が開かれ、マネキンを使って講師が手順や注意点を説明していきます。

「アンダーヘアがあるときには、便とアンダーヘアがくっついてしまっていることもありますね。そんなときも微温湯でゆっくりと洗い流すんですけど、けっこう時間がかかるときもあります。」(田辺麻里専任講師)

受講した学生は…

「介護する方も恥ずかしいし、利用者も見られるのは恥ずかしいので、(利用者は)大変しんどいと思う。排せつ介助もしっかりしないといけないと思いました。」(受講した学生)
「やり方も方法も難しいが、もっと頑張りたいと思う。」(受講した学生)

高齢化が急速に進む今、在宅介護を受ける人の数は、団塊の世代が後期高齢者となる2025年には427万人になると試算されています。そこで、自分の子どもや介護をしてくれる人たちに迷惑をかけたくないと、介護脱毛を希望する人が増えているのです。

“子どもに負担をかけたくない”ため脱毛

大阪市中央区にあるリゼクリニック(心斎橋院)に通う40代の高橋さん(仮名)は、去年から「介護脱毛」のコースを受けています。高橋さんが介護脱毛を決断したのは、高校3年生の一人娘になるべく負担をかけたくないという思いからでした。

「最終的に介護をしてもらうのは娘かもしれないと思って、娘も苦労してほしくないから、(介護のときに)拭き取りやすいようにとか、親族とかの話を聞いたりして、自分はきれいにしておこうと思った。」(高橋さん)

東京に住む中村英理さんも、父親が亡くなるまでの2年間、在宅介護を経験。寝たきりとなった父のおむつ換えは想像を超える大変さだったといいます。

「(父が)お正月にノロウイルスになってしまって、おむつを換えている最中に便が出てきてしまうぐらいのひどい下痢状態だったんですね。何度も何度も拭かなくてはいけませんし、赤ちゃんみたいにつるんとしていればサッとひとふきでいいわけじゃないですか。(自分は)お手間を取らさないようにという気持ちでレーザー脱毛をしました。」(中村英理さん)

実は、リゼクリニックでは45歳を超えた患者の来院数は8年で15倍に増えていて、その大半が介護を見据えアンダーヘアの脱毛を希望するのだといいます。

「自分の親を介護している経験を持っている方が多い。特に高齢者は抵抗力が落ちている方が多いので、(排せつ後の)処理が十分でなかったりすると感染症やにおいの原因にもなる。脱毛することによってリスクが軽減される。」(リゼクリニック 大地まさ代院長)

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 11:05
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事