ここから本文です

トップは32億円、「役員報酬」最新ランキングの顔ぶれは?

7/15(月) 7:40配信

MONEY PLUS

最新の“億万長者”の状況が明らかになりました。今年も大手信用調査機関の東京商工リサーチが、この時期恒例の「役員報酬1億円以上開示企業調査」を公表しました。

【最新データ】役員報酬ランキング最新トップ20はこちら

誰がいくらもらったのか。もらった報酬が多い順にランキングにして公表しているのですが、常連もいれば、その年だけ突然上位に入ってくる人もいます。今年はどんな顔ぶれだったのでしょうか。

直近2年ほどで様相が一変

上場会社は2010年3月期から、1億円以上の報酬を得た役員について、誰がいくらもらったのか、個別開示を義務付けられるようになりました。開示は年に1度、有価証券報告書(有報)に記載される形で実施されます。

大半の上場会社はこの有報を定時株主総会の終了後に提出します。約3700社ある上場会社のうち、3月決算の会社は実に2400社に上るので、東京商工リサーチは毎年この時期に調査を実施しているのです。

かつてこのランキングの上位は、長年トップを務めた結果、莫大な金額の退職金を手にした、偉大な創業者や中興の祖と言われる人たちが大半でした。しかし、2年ほど前から様相が変わり、多額の業績連動賞与やストックオプションをもらった人が上位を占めるようになってきています。

トップは、ソフトバンクグループ取締役副会長のロナルド・フィッシャー氏。基本報酬はグループ3社から合計で3億3900万円もらっているだけですが、株でもらう分が27億7600万円あるのです。

ソフトバンクGは6人で91億円

同社はフィッシャー氏を含め、上位20位までに6人がランクインしていて、そのうち4人が外国人。6人分の報酬を合計すると、実に91億2500万円に上ります。

昨年は、上位20位までに同社から4人がランクイン。そのうち3人が外国人で、4人合計の報酬が54億9900万円でしたので、今年は1.6倍に増えた計算になります。

ちなみに、ソフトバンクといえば孫正義・会長兼社長ですが、孫さんは毎年1億3000万円前後の基本報酬のみなので、ランキングとは無縁。今回は通信分野を分社化して上場させ、そこから株でもらった報酬が8900万円あったため、2億2900万円に上昇していますが、ランキング上位に登場する役員たちとは、もらっている額のケタが違います。

それでも、ソフトバンクグループ株式の2割を握る筆頭株主ですので、配当金を約100億円手にしています。

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 7:40
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事