ここから本文です

60歳以上の男性に聞きました! 人生を振り返って「男に大事なもの」は?

7/15(月) 12:11配信

TOKYO FM+

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。今回の放送テーマは「振り返って男に大事なもの」でした。

テーマ「振り返って男に大事なもの」

◆自分なりのこだわりを持つこと
「歳を取るごとに失われるものっていっぱいあると思うんですけど、こだわりを持ったほうがいいと思いますね! どんな時計をしようかとか、どんな靴を履こうとか、それだけでも毎日楽しいと思うし、すごく前向きになれると思っています。男として仕事って絶対に大切なものなので、よく、自分に合っているとか合っていないとか、自分探しをする人がいるんですけど、今あたえられてる仕事をとにかく一生懸命やると必ず何かが見えてくるし、それを見て助けたり引き上げてくれる人が必ず出てくる。だから、とにかく一生懸命やると新しい道が見えてくると思ってます! 人生 40年50 年と働かないといけないわけだから、それを継続するには、こだわりを持つとか、自分に変化を持たせるとかして、エネルギッシュな人生を送ってもらいたいと思います!」(60歳/男性/不動産業)

◆嫌でも飲みの席に行ったほうがいい
「若い人はいろんな意味の我慢が足りないね! 俺たちの時代は我慢してきたから、我慢しろと言葉を送りたい! いろんな会社があるけどさ、よく会社の人が飲みに行くじゃない? あの付き合いも今の子は意識的に付き合わないって言うからさ。まぁそれもいいんだけどさ(笑)。嫌かもしれないけど、酒の席に出て、上司なり先輩にわからなければ質問すればいいんだよ! 自分から先輩の中に入っていったほうが先輩は喜ぶ! そうすると良い人間関係が成立するよ。それは間違いない! 日本独特らしいけどね(笑)。やっぱ酒の席は主だよ」(71歳/男性/元航空関係)

◆人生に終着点はない!
「ダイナミックに生きて行動すること。僕はワイン好きなので、ワインのために36年間、毎年フランスに行ってワイナリーめぐりをして、帰ってくるっていうことをしてます。誰も振り向いてくれなかったんですけど、先輩がフランス料理はもう食べたくないけどもワインは飲みたいということで、板前として、和食とワインの組み合わせを僕が始めました。失敗したらほかのこと始めればいいわけですからね(笑)。常にプラスを目指しながら生きてます。終着点はない、ということですね。外国ばかりに目を向けていたので、これからの20年は、日本の隅から隅まで旅して、日本の風土を知るように心掛けています。ダイナミックに生きるコツは、健康と、ワインと睡眠(笑)。やっぱり人生は、躍動感がなければいけない。そういうふうに捉えてますね。決して留まらない。やらないより、やって失敗したほうがいいからね」(74歳/男性/板前)

◆裸の王様にならず、みんなの意見を聞き前に進む
「自分も小さな会社を経営していたもんですから調子良く世の中を生きてきたんですけど、儲かれば良い!じゃ、ダメだぞと。本当の意味で信頼される人間にならないと、会社も良くならないなって思いました。カッコつけて、たとえばポルシェとかベンツ乗りたいとか夢があるじゃないですか。自分もある程度になって買ったんですけど、そのときにこんなことをしててもダメだ、表より中身が大事だなってわかったんです。なので全部クルマも売って、一切をリセットしました。僕らの世代は物欲がけっこう強かったから、変な意味でそこがおかしかった。違うんですよね、よく考えてみたら。物じゃないと思う。

心とか人間としての付き合いとか、女性男性ともにやっぱりそういうところを見抜くよね! 政治家も 50を過ぎた人でもいまだに我を張って、徒党を組んで枠を作って、組織の上では周りを気遣わない。教えてくれる人がいないんですよ。裸の王様になっちゃうんだよね、みんな。自分がそうだったから(笑)。それじゃマズイなって気がついて。金は、人のために使わなきゃダメだよ! 夢を持ちながら僕はリーダーでずっとやってきたけど、昔と今では世の中が変わってきて、今はみんなの意見を聞きながら前へ進む。なかなか難しいことだけどね! エラそうなことは言えないけど、まぁそんな程度ですよ」(68歳/男性/商社・飲食店経営)

【一時代を築いた男性たちの金言】
一時代を築いてきた人たちが放つ言葉の力。「自分の信じた道を進め」という強いメッセージもありつつ、「時代に合わせて自省もしなければならない」という戒めの言葉も。どれもとても心に刺さるものでした。堀内貴之も「心の殿堂入りをするような言葉がいっぱいありました。日々の仕事の中で思い悩むようなことに光が差すような言葉があったな……。たくさんの言葉をメモりました」とコメント。見習いたくない大人が多いように感じる日々のニュースですが、教えを乞うべき人生の先輩はたくさんいるのだと思えるオンエアでした。

(TOKYO FM「シンクロのシティ」放送より)

最終更新:7/15(月) 12:11
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事