ここから本文です

ベテラン騎手に最大級の称賛を ケレン味のない逃げでジンクス破る【函館記念回顧】

7/15(月) 14:14配信

優馬

競馬専門紙「優馬」佐藤直文のレース回顧

 昨年まで単勝1番人気馬が12連敗中だったが、今年は抜けた存在もなく上位4頭が最終的に5~7倍のオッズで人気が拮抗する形になったにもかかわらず、1番人気馬が連敗を止めてみせた。

 そのマイスタイル。スタートを決めて迷うことなくハナを奪い、後続を離しての逃げとなったが、前半1000mは59秒8と遅くはなかったものの、縦長の展開となった見た目ほど速いペースではなかった。元々が自分の形で気分良く運べば、というタイプであり、直線では2着馬に一旦は前へ出られながら差し返すことができたのも、その気分良く運べた分であろう。ここ数戦は控える競馬も試みられていたが、前走から着用したブリンカーの効果もあったろうし、何より最も力を発揮できる形に持ち込んだベテラン田中勝騎手の手綱捌きに、最大級の称賛を贈りたい。

 2着マイネルファンロンは、道中は勝ち馬から離された2番手だったが、3コーナー過ぎから果敢に攻めて直線で並びかける形。結果は相手を褒めるべきであり、ベストに近いレース運びができたように思う。

 3着ステイフーリッシュは、好位で運べたのはレースプラン通りだったろうが、少し離され過ぎたか。前のラップが落ちなかったこともあるが、勝負どころから仕掛けて行っても、4コーナーで2~3馬身ほどの差があっては、厳しかった。

 4着ドレッドノータスにも同様のことが言えそうで、レース中盤のうちにもう少し前との差を詰めておきたかったところだろう。

 レッドローゼスは、思ったよりも前で運べていたが、3・4着馬とともに仕掛けて行きながら4コーナーでは手応えがなかった。3ヶ月ぶりの影響が少なからずあったか。エアスピネルは、プラス10キロの馬体で58キロの斤量を考えれば仕方ないとも言えるが、ここまで大きく負けるのは、時計のかかる洋芝の適性も一息のためだったろう。

最終更新:7/15(月) 14:14
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事