ここから本文です

国内最大規模のアンティーク時計・展示販売イベントが8月3日・4日に開催

7/15(月) 20:10配信

ウオッチライフニュース

 アンティーク時計専門雑誌『LowBEAT』が主催するアンティーク時計の展示販売イベントが、8月3日(土)・4日(日)の2日間にわたって銀座で開催される。
 昨年の初開催に続いて、2回目となる今回の見どころを同誌編集部が紹介する。

見どころ1

◆国内屈指のショップやディーラー、さらに関連企業も多数参加

 本イベントの最大の魅力とも言えるのが、豪華かつ多彩な出店陣の顔ぶれだ。
 前回開催時を上回る数のショップやディーラーが全国各地から集結し、なかには普段こうした即売イベントでは見かけないショップや地方の実力店ほか、周辺工具、ベルトメーカーなども参加。出店総数はアンティーク時計イベントとしては国内最大規模の30にものぼる。

 アンティーク時計は、同じモデルであってもそれまでの使用(保管)状況や経年具合によって色味や雰囲気が異なり、ひとつとして同じコンディションの個体がないため、すべてが“1点モノ”と言われている。
 それだけに、ショップが一堂に会することで色々なアンティーク時計を見比べることができるという本イベントのメリットは大きいのだ。ぜひお気に入りの1本を見つけてほしい。

出店社一覧(アイウエオ順)

ITEM/アンティークMJQ/M.P.C/英国屋/All time/頑固屋/Curious Curio/京都屋/クールオークション/ケアーズ/スイートロード/SELECT(セレクト)/タイムベース/ダイワ時計店/DISCOVERY WATCH 博多/DnF/ノース・ビレッヂ/NOSTIME ヴィンテージウオッチストラップ/BQ/PHILLIPS(フィリップスオークション)/PRIVATE EYE’S/Masa’s Pastime/まるか/MOKI+/ムーンフェイズ/リベルタス…and more

見どころ2

◆ビギナーから愛好家までが楽しめるミニイベントも

 当日は、アンティーク時計の販売会だけでなくビギナーから愛好家までが楽しめるミニイベントも企画。
 テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」で鑑定士としても活躍する川瀬友和氏(株式会社ケアーズ会長)と、「クロノス日本版」編集長でありアンティークウオッチに精通した時計ジャーナリストでもある広田雅将氏をゲストにお招きしたトークセッションほか、希少な国産時計を集めた展示コーナーも設置する。

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 20:10
ウオッチライフニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事