ここから本文です

遊び心満載の本格機械式腕時計「Gorilla(ゴリラ)」の新作コレクション

7/15(月) 7:00配信

&GP

自動巻きの本格機械式ながら、デザインには遊び心満載。大人の余裕と色気を漂わせる気鋭のブランド「Gorilla(ゴリラ)」から、夏の新作が登場しました。

【コレクション画像はこちら】

「FASTBACK TITANIUM COLLECTION」(11万8000円~/税別)は、ムーブメントに自動巻きMiyota 8215を搭載したれっきとした機械式時計。ヴィンテージのスポーツカーを思わせるデザインは2017年発表の「FASTBACK」を受け継ぎつつ、今回のコレクションではブラックフェイスに配したホワイトルミネセンスインデックスが夏らしい軽やかさを演出しています。

ケースバックやクラウン、バックルなどのディティールには耐食性と強度に優れたチタンを採用。またケース部分にアノダイズド・アルミ、チタン、セラミックを組み合わせるなど、ブランドお得意の異素材使いも健在です。

ラバーストラップをバイカラーで仕上げた「バイカラー・バイトン・ラバーストラップ付属モデル」(12万1000円/税別)と、単色仕上げの「モノカラー・バイトン・ラバーストラップ付属モデル」(11万8000円/税別)の2タイプで構成。それぞれGALAXY BLUE(ギャラクシー・ブルー)、HUGGER ORANGE(ハガー・オレンジ)、STINGER YELLOW(スティンガー・イエロー)の3種類があり、合計6モデルがラインナップされています。

文/&GP編集部

最終更新:7/15(月) 7:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事