ここから本文です

【ツール・ド・フランス 2019 第8ステージ / レースレポート】フランス人コンビで黄色ジャージ奪還!アラフィリップ「革命記念日にマイヨ・ジョーヌを着て走れることが誇らしい」

7/15(月) 6:34配信

J SPORTS

「革命記念日にマイヨ・ジョーヌを着て走れることが誇らしい」。自ら攻撃的に動くことで2日ぶりに黄色いジャージを取り戻したジュリアン・アラフィリップは、なによりも先にこんなセリフを吐いた。今年は「フランス人のツール」になるかもしれない……開幕前からそんな予感を抱いてきた地元フランス自転車関係者たちは、それぞれの立場を忘れて歓喜した。しかも「1985年ベルナール・イノー以来の仏人総合優勝」を期待されるティボー・ピノが、アラフィリップとの共闘を成功させ、総合勢の中では最高位に躍り出たのだ。

Cycle*2019 ツール・ド・フランス 第8ステージ ハイライト

激動のステージは、トーマス・デヘントのアタックで幕を開けた。ロングエスケープで全3大ツール区間勝利を手にした「逃げ職人」の動きに、大逃げでブエルタ区間3勝+ツールスーパー敢闘賞のアレッサンドロ・デマルキ、やはり大逃げで昨ブエルタ2区間を制したベンジャミン・キング、さらには独走でモニュメント2勝をさらったニキ・テルプストラが追随する。

とてつもなく強力な逃げメンバーは、メイン集団からたったの最大4分45秒差しか最大リードを奪えなかった。だからこそ全部で7つある山岳のうち、5つ目のクロワ・ド・パールで、デマルキと共に前方へと飛び出した。さらに「デマルキ大好き!!だって僕と同じタイプだからね」と語ったデヘントは、残り14km、7つ目の山岳ジャイエールで独走態勢に入った。メイン集団はわずか1分差に迫っていた。

デヘントが勝利に向かって飛び出す、ほんの1kmほど手前で、衝撃的な事故が発生する。EFエデュケーションファーストの選手の落車に巻き込まれ、前年覇者ゲラント・トーマスが将棋倒しになったのだ!同時に地面に転がり落ちたジャンニ・モスコンの自転車の破壊具合を見る限り、トーマスが2019年のマイヨ・ジョーヌ争いから永遠に脱落してもおかしくなかった。ただ幸いにも第1ステージにも落車しつつ、ほぼ無傷で抜け出した「G」は、この日も素早く走行再開。頼もしい同僚たちが奮闘してくれたおかげで、無事に集団に追いついた。

1/5ページ

最終更新:7/16(火) 11:44
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事