ここから本文です

【ツール・ド・フランス 2019 第8ステージ / レースレポート】フランス人コンビで黄色ジャージ奪還!アラフィリップ「革命記念日にマイヨ・ジョーヌを着て走れることが誇らしい」

7/15(月) 6:34配信

J SPORTS

■ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ)

(ステージ2位・総合3位)「美しいコースの、とてもハードなステージだったね。昨夜からラ・ジェイレールでのアラフィリップのアタックに備えていたんだ。調子は良かったから、できる限り彼に追走しようと思っていた。彼についていくのは並大抵のことじゃないからね。協力したほうがいいことはお互いわかっていた。あとちょっとのところでデヘントを捕まえられなかったのは残念だったけれど。ジュリアン(・アラフィリップ)について行けたというだけでも、ほとんど勝ったのと同じと言えるかもしれないね。アップダウンの連続で、誰にとっても本当に厳しいステージだった。もしかすると、今年のツールで一番ハードなステージだったかもしれない。

調子はとてもいいし、まだレースは2週間も残っているから、とにかく少しずつ前に進んでいくよ。プレッシャーはあるけれど、自分で自分にかけるプレッシャーが一番大きなものかもしれない。僕のために一生懸命やってくれているチームを落胆させたくないんだ。

一年前の僕はテレビの前にいた。そのとき、フランス人選手にとってどれだけツールが大切なものかを理解したんだ。去年のブエルタ以来ツールのことを意識してきた。だからこのステージで3位に入れたのは本当に意味があることなんだ」出典:チーム公式のリリースより抜粋

■ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)

(ステージ5位・ポイント賞ジャージ)「今日はずいぶんエネルギーを消耗したね。グルペットで過ごした方がずっと良かったのかもしれない。けれど、ポイント賞ジャージのために、ライバルたちと一緒に走らなくてはならなかった。ハードだったステージの疲れから、何とか回復するようにするよ。今日の僕に勝ち目はなかった。最終峠がかなり難しいことはわかっていたし、絶対にジュリアン(・アラフィリップ)がアタックするだろうと思っていた。彼にとってパーフェクトの上りだったんだ。先日(第3ステージ)彼がアタックしたときと同じだよ。マイヨ・ジョーヌを奪回するというチャンスを、こうやってものにした彼におめでとうだよ」出典:レース主催者の公式リリース

4/5ページ

最終更新:7/16(火) 11:44
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事