ここから本文です

吉田沙保里さんの相撲解説に「さすが霊長類最強…」の声 高安がひじを痛める場面を瞬時に見抜く

7/15(月) 16:54配信

ハフポスト日本版

7月14日にNHKで放送された「大相撲名古屋場所」にゲスト出演した吉田沙保里さんの発言がネットで話題になっている。

注目を集めたのは、大関高安と玉鷲の取組の場面だ。

高安は押し倒しで玉鷲を破るも、勝敗が決まった瞬間、左腕を右手で押さえ、数秒間かがんだ姿勢で止まった。吉田さんは、「ちょっと痛そうですね」「そこの時にひねったのかな」などとつぶやくように話した。

すぐにスロー映像が再生され、玉鷲の右手が高安の左手にかぶさるようになる場面が流れると、吉田さんは「ここでちょっと肘が入ったのかな。あ、これですね。入ってますね」ときっぱり。

「今は多分アドレナリンが出たりとかしているんで、そんなに、痛いのは痛いんでしょうけど、だんだん痛みが出てきますので、すぐに冷やしたりして、治療したほうがいいかもしれない。体重が重たいぶん、かかる圧力がすごい大きいので、結構ちょっとひじが入ってたような気がしますね」

■この分析にネットは…「動体視力も半端ない」

この吉田さんの分析に、ネット上では感嘆の声が上がった。

「恐ろしくはやい見極め」
「さすが霊長類最強は格が違った」
「霊長類最強だと動体視力も半端ない」
「できればレギュラーで解説がほしいところです」

■舞の海「若い力士の参考になる」

この日の放送では、吉田さんが取組にからめながら自身の経験を語る場面もあった。

吉田さんは、山本聖子選手を倒さないとオリンピックに出られないと考えていたころをこう振り返った。

「自分のスピードだったり自分のタックルを生かして、そこを伸ばして、自分の弱いところももちろん、なかなか弱い部分は人間って鍛えにくいんですけど、嫌なんですけど、嫌な部分をしっかり鍛え抜いて頑張りましたね」

この発言には、解説の舞の海秀平さんも感心し、「今日は、若い力士たちに対する、色んな参考になるアドバイスがたくさんありますね。嫌なところを鍛えなければいけないというのはかなり大事なところかなと思いますね」と応じた。

湊彬子

最終更新:7/15(月) 21:41
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事